このページの先頭です
このページの本文へ移動

子ども部長のページ

更新日:2024年1月30日

メッセージ

伊原子ども部長の写真

子ども部長の伊原浩樹です。
子ども部の最優先課題は児童虐待とDV対応です。
令和5年4月1日、こども家庭センターを設置しました。
児童虐待・DVかも?と思ったら、すぐにお電話を。

こども家庭センター(旧課名:子ども家庭相談課)

こども家庭センターでは、専門の相談員が相談に応じます。
家庭やお子さんの悩み事について、なんでもご相談ください。
(相談は無料で、予約は必要ありません。)

家庭児童相談窓口

相談電話(平日9時から17時):047-366-3941

婦人相談窓口

相談電話(平日9時から17時):047-366-3955

※児童福祉法改正(令和6年4月施行)が成立し、すべての妊産婦・子育て世帯・子どもへ一体的に相談支援等を行う機能を有する機関として「こども家庭センター」の設置が位置付けられたことから、令和5年4月1日より『子ども家庭相談課』の名称を『こども家庭センター』に変更しました。

変更内容

旧課名:子ども家庭相談課
新課名:こども家庭センター


虐待かもと思ったら189番(いちはやく)へ(24時間・通話料無料)

児童相談所虐待対応ダイヤル「189」について(厚生労働省)

配偶者やパートナーからの暴力は0120-279-889(つなぐ はやく)へ(24時間・通話料無料)

DV相談プラス(内閣府)

加藤鮎子内閣府特命担当大臣が新松戸南部保育所を視察に訪れました

令和6年1月18日、加藤鮎子内閣府特命担当大臣が新松戸南部保育所を視察に訪れ、「保育所の空き定員等を活用した未就園児の定期的な預かりモデル事業」の保育の様子を見た後、保護者や保育士、市長と意見交換会を行いました。

加藤鮎子内閣府特命担当大臣が新松戸南部保育所を視察に訪れました

共働き子育てしやすい街ランキング2023で総合編1位を受賞しました

日本経済新聞社と日経xwomanが発表した同ランキングで、松戸市は2020年及び2021年に続く、3回目の総合編1位(東京含む)を受賞しました。継続してこのような賞を受賞することができたのは、子育て支援に関わるすべての皆さまのご尽力の賜物でございます。今後も「子育てしやすいまち、まつど」の実現に向けて、ご協力をよろしくお願いいたします。

岸田首相が松戸市を訪れ市民とのこども政策対話を行いました

岸田首相が全国各地の先進自治体を視察しながら地域の人の声を聴いてまわり、国が進めるこどもの利益を第一に考える「こどもまんなか社会」を実現するための政策に活かすことを目的として、こども家庭庁が主催しており、この度の訪問先として、松戸市が選ばれました。
こども政策対話では、子育て中の親子、保育を学んでいる学生など7名が参加し、子育てをする中で感じていること、子育てしやすい環境について意見を交わしました。

岸田首相がほっとるーむ八柱を訪れ市民と触れ合いました

令和5年度 新規事業紹介

「マイ・サポート・スペース」事業が始まります

マイ・サポート・スペース」とは、妊婦さん及び概ね0歳から2歳の保育サービスを利用していないお子さんがいるご家庭が、「身近に相談したり利用できる場所」として登録した「おやこDE広場」「子育て支援センター」「ほっとるーむ」 です。
登録者には、松戸市子育て情報LINE公式アカウントから、登録施設のイベント情報等を定期的にお届けします。

これらの施設では、身近な子育て相談を受けたり、多様な子育て支援サービスを紹介する 「子育てコーディネーター」が全施設に常駐しています。なお、「マイ・サポート・スペース」を登録した妊婦さん及び0歳のお子さんがいるご家庭に、令和5年8月から子育て世帯訪問支援事業「まつドリbabyヘルパー」無料券や「ほっとるーむ(一時預かり)」無料券等のプレゼントを配布します。ぜひ一度遊びに来てみませんか。お待ちしています。

子ども医療費助成制度(0歳から高校3年生相当年齢まで)

対象

0歳から高校生相当年齢

助成区分

通院・入院・調剤

保護者の自己負担額

  • 通院=1回200円
  • 入院=1日200円
  • 調剤=なし(無料)

※市民税所得割非課税世帯の場合は無料。所得制限はありません。
※高校生相当年齢の方は、令和5年7月31日診療分までは、受給券の発券が無く、償還払いの申請が必要です。
 令和5年8月1日から高校生相当年齢の方も、中学生以下と同様に、受給券が使用できるようになります。
※令和5年4月1日診療分から、就学等により市外に居住されている高校生相当年齢の方も、医療費助成が受給可能になりました。
※他にも要件があります。詳細は市ホームページをご覧ください。

担当

子育て支援課:047-366-7347

妊産婦向けタクシー利用の助成

対象経費

自宅と産科医療機関を往復するタクシー利用料

補助額

片道3,000円以内(最大16回)
※他にも要件があります。詳細は市ホームページをご覧ください。

担当

こども家庭センター:047-366-5180

不妊治療費(先進医療)の一部助成

対象

保険診療で生殖補助医療を受診した際に実施した 先進医療 助成限度額1回当たり30,000円
※詳細は市ホームページをご覧ください。

担当

こども家庭センター:047-366-5180

幼稚園や保育所等における多子世帯の給食費の支援

子育て世帯の経済的な負担軽減を図ることを目的として、令和5年4月から幼稚園や保育園等に通っている子どものいる多子世帯に対して、給食費等の支援を行うことといたしました。通所(園)している施設により支援方法や手続きが異なりますので、必要な手続きや申請方法については、下記の問い合わせ先へご確認ください。

担当

保育課:047-366-7351
幼児教育課:047-701-5126

「松戸市子育て情報LINE公式アカウント」をはじめました

子育てに必要な情報をタイムリーに配信する取組みとして、「松戸市子育て情報LINE公式アカウント」を開始しました。
スマートフォンの画面の下部分にあるリッチメニューをタップすると知りたい情報にすばやくアクセスできたり、あらかじめメッセージ配信を希望する内容を登録すると自分に合った情報を選択して受け取ることができます。
子育て家庭に寄り添った情報を配信していきますので、ぜひ登録してみてください。

子育てプロモーションに取り組んでいます

子育てプロモーション

松戸市では、およそ20代から40代の子育て世代をメインターゲットに、市の子育て支援の内容や魅力、子育て環境について多くの方に知っていただくために、平成28年度から『子育てプロモーション』を開始しました。
また、施設利用や事業活用の促進につなげるため、松戸市の様々な子育て支援施設や子育て支援事業を動画で紹介しています。

8年連続国基準待機児童ゼロ達成

本市では「子ども・子育て支援」は未来への投資と捉えて、建学の精神に基づき個性豊かで質の高い教育を提供している幼稚園と保育施設との共存を図る政策として「0歳から2歳は小規模保育施設へ、小規模保育施設卒園後は幼稚園へ」を戦略的に取り組んでまいりました。その結果、平成28年度から8年連続で国基準の待機児童ゼロを達成しました。

達成ポイント

  • 「小規模保育施設」の拡充(令和5 年4 月時点:118施設)県内1位の整備数
  • 小規模保育施設から連携幼稚園への「推薦制度」の取り組みを推進(幼稚園24園中17園で実施)
  • 保護者の生活パターンを変えずに幼稚園に通園できる送迎保育ステーションの整備を推進(令和4年4月:6施設⇒令和5年4月:9施設)3施設増

令和5年3月24日定例記者会見資料

ママタスアワード2022(地方自治体賞)を受賞しました

本アワードは、2019年から始まったもので、ママの忙しい毎日をたすけてくれるモノ&コトを、編集部のリコメンドとママの皆さんの投票によって決定。部門ごとにグランプリ&特別賞を選びます。
今回、アワード自体は第4回となりますが、地方自治体賞は2021年から設けられ、2年目となります。松戸市は、のべ4,731人のママタスユーザーによるアンケートと編集部による投票により「地方自治体賞」の受賞に至りました。

託児機能付きのコワーキングスペースについて2020年度 千葉県ベスト育児制度賞を受賞しました!

2020年度千葉県ベスト育児制度賞を受賞しました。この度の受賞で「共働き子育てしやすい街ランキング2020」、「日本子育て支援大賞2021」に続き3つ目の受賞となります。これら3つの受賞は、異なる観点からそれぞれ本市の子育て施策が高く評価されたものであると大変ありがたく受け止めており、子育て支援事業にご尽力いただいている皆様のご協力のおかげと御礼申し上げます。

松戸市が「第2回日本子育て支援大賞2021(自治体・プロジェクト部門)」を受賞しました

このたび、日本子育て支援協会が開催する「日本子育て支援大賞2021」の自治体部門において、松戸市が受賞いたしました。本大賞は、昨年度から始まったもので、今年が2回目の開催、自治体部門が設けられたのは今回からとなります。

第2回日本子育て支援大賞2021の受賞について

子ども関連施設等について

子ども部の主な事業

虐待、DV対応

妊娠・出産時の取り組み

育児支援

保育園・幼稚園の取り組み

小学生への取り組み

子どもの未来応援対策

育児の情報提供

お問い合わせ

子ども部 子ども政策課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館9階
電話番号:047-704-4007 FAX:047-365-1009

本文ここまで