このページの先頭です
このページの本文へ移動

健康福祉部長のページ

メッセージ

 健康福祉部長の入江広海です。
 現在、日本は少子高齢化という大きな課題に直面しております。
 松戸市も例外ではなく、65歳を超える市民の割合が25%を超えております。
 その中でお年寄りからお子様まで健康に暮らせるよう、市全体での取り組みが大変重要だと考えております。
 そこで、健康福祉部では、健康寿命の延伸を目指し、健康で安心できる予防施策に加え、病気になっても早期に治療につなげる医療施策、さらに病気や障害があっても自らの健康に関心をもち、一人ひとりがその持てる能力を発揮して地域で共に支えあい、健康で心豊かに暮らせるまちづくりの推進を図っております。
 そのための取り組みのひとつとして、多くの市民の皆さまが健康で暮らしていけるよう「健康マイレージ事業」を展開しております。市内に在住・在勤・在学であれば参加できますので、ぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。
 そして、医療施策といたしましては、医師会・歯科医師会・薬剤師会のご協力のもと、休日や夜間等において急病でお困りの市民が出ることのないように、診療時間に切れ目のない診療体制を実施しております。特に急を要することの多い小児医療につきましては、夜間小児急病センターをはじめ、二次救急を担う待機病院やさらに高度な治療が必要となった場合には、三次救急を担う市立総合医療センターが連携して対応しております。
 また、誰もが安心して暮らすことができる福祉社会の実現に向けて、地域に暮らす身近な相談役となる民生委員・児童委員の皆さまには、今後ともご協力賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりますが、健康福祉部長として迎える2年目は、新型コロナウィルス感染症対策に日々追われる中で始まりました。このような状況に直面し、健康であることは、市民の皆さまにとって一番の財産であると改めて感じているところでございます。市民の皆さまが、健康で暮らしていけるよう努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

主要な事業

  • 食育推進事業(健康福祉政策課)
  • 食生活改善推進員活動業務(健康推進課)
  • 健康診査、がん検診事業(健康推進課)
  • 健康推進員育成事業(健康推進課)
  • 予防接種事業 (健康推進課)
  • かかりつけ医推進事業(地域医療課)
  • 共同募金事業(地域福祉課)
  • 民生・児童委員事業(地域福祉課)
  • 日本赤十字社事業(地域福祉課)
  • 災害時要援護者避難支援事業(地域福祉課)
  • 社会を明るくする運動(地域福祉課)
  • 松戸市戦没者追悼式(地域福祉課)

民生委員児童委員

本文ここまで