このページの先頭です
このページの本文へ移動

生涯学習部長のページ

更新日:2021年4月8日


NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一と縁のある徳川昭武の戸定邸

 こんにちは。生涯学習部長の渡部 優樹(わたなべ ゆうき)です。

 生涯学習部では、2030年に向けた松戸市教育委員会の指針「学びの松戸モデル」に基づき、市民の皆様がスポーツや文化、芸術、趣味の活動を通して、生涯にわたり自由に学ぶことができる機会を増やし、それらを継続することができるよう、様々な事業を進めております。コロナ禍でも、市民の皆様が安全にご利用いただける場を、少しでも充実したものにするため努めてまいります。そして、人生の中で学びの楽しみを感じていただき、また、学びの成果を様々な場面で発揮していただけることを願っております。

今年度の主な取り組み

特別展の開催(NHK大河ドラマ「青天を衝け」関連・3期連続特別展)

 戸定歴史館では、NHK大河ドラマ「青天を衝け」放送に合わせて、主人公・渋沢栄一と、彼と深い関連がある戸定邸の主・徳川昭武に関する特別展を3期にわたり、通年で開催いたします。特別展では、新出資料など、それぞれ興味を持っていただけるような品を展示予定です。「見れば大河をもっと楽しめる」展覧会やイベントを開催いたします。

デジタルミュージアムの構築

 博物館、戸定歴史館をはじめ教育委員会の各部署が連携して、市の文化財や収蔵資料を、インターネット上で見ることができるシステムを制作いたします。写真やイメージデータなどを使い、操作しやすくわかりやすいページを目指します。デジタルミュージアムと実際の博物館施設が相互にリンクすることで、市民の皆様にとってより便利に、幅広く情報を提供できるようにするとともに、実物を見るための来館を促進できるよう準備を進めてまいります。

(仮称)松戸音楽フェスティバルの開催

 松戸市では、学校や市民による吹奏楽や合唱が全国で活躍するなど、質の高い芸術資源があります。これらの活動の成果を多くの市民に知って頂き、市内の音楽活動の更なる活性化を図り、「音楽のまち松戸」に向け、全国規模で活躍する小中学生や市内で活動するあらゆる音楽家の祭典として(仮称)松戸音楽フェスティバルを開催します。

文化会館、市民劇場の計画的な修繕

 文化会館、市民劇場では、施設の安全性と利用者様の快適性の向上を目指して、計画的に修繕を実施しております。具体的には、令和3年度から4年計画にて文化会館のトイレを温水洗浄便座付きトイレに改修してまいります。令和3年度は、大ホール1階及びエントランスを実施致します。また、昨年度から4年計画にて実施している文化会館空調機器修繕も、引き続き進めてまいります。

(仮称)東松戸地域館の開設

 令和3年12月に共用開始を予定しております(仮称)東松戸複合施設内に、図書館東部分館を拡張移転し、松戸市として初めての地域館、(仮称)東松戸地域館を開設いたします。この図書館は、貸出・情報提供機能だけでなく、地域の交流拠点としての機能や、市民のくらしや仕事、地域課題の解決を支援するための機能を備えた地域の中核となる図書館を目指します。開館時には、約5万冊の蔵書も、将来的には10万冊の蔵書を整備し、貸出のセルフ化のためのICタグ等の導入も行います。


(仮称)東松戸地域館の開設が予定されている建設中の(仮称)東松戸複合施設

スポーツ環境の整備

 市内スポーツ施設の中でも古くからある金ケ作公園庭球場では、照明設備により、夜間でも多くのテニス愛好者の方々にご利用いただいております。2020年に水銀灯の製造が禁止されましたことから、引き続き照明設備を夜間でもご利用いただけますようLEDに改修し、施設の利便性の向上を図ります。
 また、運動公園武道館は耐震改修のための設計を行うなど、今後も市民の皆様にご利用いただきやすい施設を目指してまいります。


金ケ作公園庭球場の夜間照明をLEDに改修します

今年度の教育施策

令和3年度教育施策方針

教育委員会のとりくみ(ポスターについて)

お問い合わせ

生涯学習部 教育企画課

千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル5階
電話番号:047-366-7455 FAX:047-368-6506

本文ここまで