このページの先頭です
このページの本文へ移動

建設部長のページ

更新日:2020年5月1日

メッセージ(令和2年5月)

建設部長の写真

令和2年5月に建設部長に就任しました宇野晃一です。
 建設部では、市民の皆さんが「安全・安心そして快適に暮らせるまちづくり」を目指し、生活に身近な道路・下水道・河川の整備や維持管理を行っています。また、大雨や台風等の自然災害のほか、突発的な事故を防止する様々な安全対策にも取り組んでいます。
主な業務内容は、以下のとおりです。

道路

 日常生活の中で歩いたり、自転車や車で通行している道路には、国道、県道、市道があります。市が管理している市道は、約1,128キロメートルで、日常より道路パトロールを行い、適正な道路管理と安全確保に努めています。
 また、老朽化対策として、市が管理する338の橋梁に対し、平成26年度から「橋梁長寿命化修繕計画」に基づき補修工事を実施しています。その他の道路施設、道路法面や道路照明、標識等についても平成30年度から令和元年度にて修繕計画を策定し、効率よく且つ計画的に施設の安全管理や更新を進めてまいります。
 さらに、魅力再生と賑わいのあるまちづくりのために、本市の重要な骨格となる「都市計画道路3・3・7号(河原塚~紙敷区間)」の整備として道路用地の取得を、交通分散およびアクセス向上のために「都市計画道路3・3・6号(和名ケ谷~二十世紀が丘区間)」の整備として道路設計を実施しています。

下水道

 下水道は、快適な生活を営むための地域衛生、生活環境の向上のために重要な役割を担っています。本市の下水は、河川や海などへの水質汚濁を削減するため、2つの流域下水道に接続し処理しており、現在、下水道普及率は約86%を超え、今後も計画的に整備を進めてまいります。
 また、近年多発している局地的大雨等に起因した浸水被害に対する防災意識向上のために、「松戸市 内水ハザードマップ」の作成や、地震対策として、市内収容避難所へのマンホールトイレの設置並びに液状化によるマンホールの浮上防止対策を進めております。

河川

 本市は、坂川、真間川、手賀沼の3つの流域に分かれ、国や県が管理する11の一級河川と、市が管理する9つの準用河川があり、その総延長は約50キロメートルです。洪水被害を軽減するための治水対策、水辺環境に配慮した取り組みや、魅力ある親水空間の活用を、引き続き国や県と連携しながら進めてまいります。

 今後も本市の更なる発展を見据えた社会基盤整備についてしっかりと、そして柔軟に事業展開してまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

主要な事業(クリックすると主な事業説明へジャンプします)

都市計画道路3・3・7号横須賀紙敷線(河原塚地先)

スケジュール

平成30年度から

内容

 都市計画道路3・3・7号横須賀紙敷線は、船橋市の臨海部から千葉北西部4市を結び、さらに、流山橋で江戸川を渡河し、埼玉県にも通じる広域的な主要幹線道路です。平成30年3月に事業認可を取得し、今回事業区間として河原塚紙敷区間の943メートルの整備に着手します。

効果

 この区間の整備により、広域的な幹線道路としての機能を持つ北千葉道路や外環自動車道とのネットワーク化が図られ、通行に要する時間短縮や渋滞解消による経済的効果だけでなく災害時重要路線として重要な役割が期待されます。

現在と今後

平成30年度~ 事業着手、用地買収
早期開通を目指し事業に取り組んでいます。

関連リンク

都市計画道路3・3・6号三矢小台主水新田線

スケジュール

平成24年度から令和2年度

内容  当該路線は、大山橋から国道464号二十世紀が丘交差点までの1,200m、幅員22~23.5m、4車線の計画道路を整備するもので、平成29年度から道路予備設計を開始しました。
効果  当該路線の整備により、東部地域から中心市街地への交通量の分散化や渋滞抑制を図れ、さらには外環道、北千葉道路国道464号、都市計画道路3・3・7号(河原塚地先)等とのネットワーク化が図れます。
現在と今後

平成29年度~30年度 道路予備設計
令和元年度~    道路詳細設計
令和2年度~ 橋りょう詳細設計・用地全体測量

関連リンク

橋りょう維持管理事業(橋梁長寿命化修繕計画に基づき補修工事を進めています)

スケジュール

平成31年度(2019~2068:50年間) ※平成25年度策定、平成30年度更新

内容

 現在、松戸市内には、道路や鉄道、河川に架かる338の橋があります。これらの橋の多くが1980年代に建設され、高齢化の目安となる建設後50年を超える橋の割合は、今後20年後に90%を超え、一斉に老朽化を迎えます。これに伴い、大規模修繕や架け替えが必要となり、短期的に莫大な財政負担が生じます。
 そこで定期点検をしっかりと行い、大きな傷みになる前に、計画的な橋梁補修を行う事により、橋を出来るだけ長持ちさせて延命化する、予防保全型の維持管理に方向転換いたしました。

効果

 この計画では、日常的に橋の点検をする事で、絶えず損傷状況の把握が可能となり、その劣化予測に基づいた補修によって、大幅に安全性や信頼性の向上が図れるため、市民の皆様に、より安心して橋をご利用して頂く事を目的としております。
 計画的に傷みが小さいうちに、橋を補修し延命化する事で、維持管理費用の平準化が可能となり、大幅なコスト縮減が実現できます。

現在と今後

 この計画では、2014年から2063年までの50年間を事業計画の期間とし、5年毎にその内容を見直します。
 今後、最初の5年間で、橋の傷み具合をランク評価した上で、劣化の順位が高い橋の他、鉄道と交差する橋、災害時に緊急輸送路となる道路に交差する橋等、社会的に重要度の高い橋を選定し、順次、補修工事を行います。

関連リンク

汚水管整備事業

スケジュール 昭和35年度から
内容  家庭や事業所等から排出される汚水を流す為の下水道管を道路に埋設しています。
汚水は、下水道管を通って、終末処理場できれいな水に処理され、河川又は湖沼、海等の公共用水域に放流されます。
効果  道路の側溝等に流れていた、家庭の汚水が下水道管に流れるため、生活排水による「におい」が軽減され、また、汚れていた川等の水がきれいになり、生活環境が向上します。
現在と今後  現在は、主に千駄堀、栄町西、古ヶ崎、松飛台、五香西地区を整備しており、今後も、年間30ha程度の整備を進めていく予定です。
関連リンク

開削工事の様子
開削工事

下水道施設の地震対策事業

スケジュール 平成20年度から平成34年度
内容  市内の避難所(小中学校)に、下水道管を利用したマンホールトイレの整備を行っています。
また、液状化によるマンホールの浮き上がりを防止するために、緊急輸送路及び避難路等のマンホールに対して、浮上防止対策を実施しています。
効果  マンホールトイレについては、災害時のトイレ機能が確保されます。さらに、し尿を下水道の本管に直接流すことにより、衛生面が向上されます。
また、マンホールの浮上防止対策については、災害時の下水道機能を確保します。併せて、交通機能への影響を最小限に抑制します。
現在と今後

 平成29年度末現在、マンホールトイレを27校に246基設置し、1,287箇所のマンホールに浮上防止対策を行いました。
今後は、マンホールトイレを23校に設置し、浮上防止対策についても、引続き実施していく予定です。

関連リンク

紙敷川中流排水整備事業

スケジュール 平成9年度令和10年度
内容  紙敷川が流れる真間川流域では、急激な都市化の進展によって台風通過の度に数千戸の家屋が浸水する水害に見舞われていました。そのため、昭和54年より、真間川水系の総合的な治水対策が進められました。

 松戸市内においても、国分川分水路整備事業や、黎明橋より下流の準用河川春木川を一級河川国分川に格上げして河川整備したことにより下流域の浸水被害が軽減されました。
 こうした中、平成5年に台風11号、平成8年に台風17号が上陸し、国分川合流点から上流の区間において浸水被害が発生し、上流域の早期浸水被害の解消が強く望まれたことから、現在、洪水処理能力の向上を図る河川整備を進めております。

効果  紙敷川は、流下能力が不足していたことから、時間降雨量50mmに対応するため、河川整備を行い、計画流量中流部毎秒25~34立方メートルへと引き上げることで、浸水被害の軽減が図られます。
現在と今後

中流 平成9年度から平成16年度事業
   平成24年度から令和10年度事業
 【800メートル令和11年3月に完成予定)

紙敷川中流排水整備事業の地図
紙敷川中流排水整備事業

上富士川上流排水整備工事

スケジュール 平成15年度から令和6年度
内容

 準用河川上富士川改修事業により、度重なる浸水被害が発生していた地区(松戸市根木内字霜田)では、ほぼ被害は解消されました。しかし、県道松戸・柏線根木内城址橋より上流域の松戸市(旧根木内東小学校周辺)、柏市(東山、酒井根地区)では浸水被害が発生していることから、上富士川上流の排水路整備を実施して浸水被害の軽減を図る事業です。

効果

 時間降雨量50ミリメートルに対応した、計画雨量毎秒33立方メートルの河川整備を行い、浸水被害の軽減を図ります。

今後と現状

 平成18年度から当該事業に着手し、現在、整備延長400mのうち、315mが整備済みです。(整備率78.75%)
 平成31年度から令和2年度にかけては、平成26年度から30年度にかけ暫定改修をした箇所の、側壁・コーピングを築造し完成させます。残る85mについては、令和3年度以降に引き続き整備を進めてまいります。

   

上富士川上流排水整備工事の地図
上富士川上流排水整備工事

江戸川松戸フラワーライン整備事業

スケジュール 平成7年度から
内容

松戸市のシンボル景観である江戸川河川敷に、河川の良好な維持と親しまれる水辺空間を形成するため、平成7年より花畑の整備を市民と協働で進めているものです。また、開花時期に合わせ花祭りイベントを開催しています。
花畑面積:19,100平方メートル
開花時期:ポピー(5月から6月頃)コスモス(9月から10月頃)
※これまで春には「レンゲ畑」としていましたが連作障害によりレンゲの発育状況がよくないことから、しばらくの間「ポピー畑」としました。

効果 「江戸川松戸フラワーライン実行委員会」が中心となって、市民の参加・協力を得ながら、草花育成作業やイベントを開催し、河川に対する愛護精神を育成します。(令和元年度花まつり来場者:5月3,200人、9月2,300人)
テレビや雑誌、新聞からも取り上げられ、広く松戸をPRしていきます。
現在と今後
  • 持続可能な仕組みづくり
事業開始から約25年が経過し、協働団体の高齢化や人材不足など問題が発生しています。これからも親しまれる水辺空間を育てていくため持続可能な仕組みをつくります。
  • 河川愛護の推進
祭り来場者を増やすことで、さらなる河川に対する愛護精神の育成をすると共に、フラワーボランティアの増員に努めていきます。
関連リンク

お問い合わせ

建設部 建設総務課

千葉県松戸市根本387番地の5 別館2階
電話番号:047-366-7357 FAX:047-365-9107

本文ここまで