• 代理寄付受付ページへのリンク 富山県高岡市へのふるさと納税の代理寄附を受け付けています 令和6年1月1日に発生した令和6年能登半島地震の被害を受けて、松戸市と災害時相互応援協定を締結している「富山県高岡市」に対する支援として、ふるさと納税の代理寄附を受け付けています。皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
  • 新行政サービスセンター 行政サービスセンターはアトレ松戸店8階に移転しました 松戸駅の駅改良工事に伴い、「松戸市行政サービスセンター」がアトレ松戸店8階に移転し、令和6年1月9日(火曜)10時にオープンしました。 ※松戸駅構内の旧行政サービスセンターは令和6年1月6日(土曜)17時をもちまして終了しました。
  • 花束を受け取った琴ノ若関と佐渡ケ嶽親方 大関に昇進した佐渡ケ嶽部屋・琴ノ若関(松戸市出身)が市役所を訪問 2月16日(金曜)、千葉県・松戸市出身の力士としては69年ぶりに大関に昇進した琴ノ若関が、佐渡ケ嶽親方とともに松戸市を訪問し、大関昇進を報告しました。市内にある佐渡ケ嶽部屋には、琴ノ若関をはじめ多くの力士が所属しています。みんなで松戸ゆかりの力士たちを応援しましょう!
  • 3x3バスケットコート 青少年会館に「3×3バスケットコート」がオープン! 都市型スポーツの施設設備を進める取り組みとして整備された「3x3バスケットコート」が青少年会館にオープンしました。オープン当日はオープニングセレモニーが開催され、本郷谷市長による始球式や市内バスケットボールクラブの選手たちによるデモンストレーションが行われました。コートのデザインは、市と「包括連携に関するブーストタウン協定」を締結している千葉ジェッツから無償で提供いただきました。
  • 第36回全国「みどりの愛護」のつどいの開催地が松戸市に決定 全国の公園緑地等の愛護団体や地域の緑化・緑の保全団体などの緑の関係者が一堂につどい、広く都市緑化意識の高揚を図り、緑豊かな潤いのある住みよい環境づくりを推進することを目的として、平成2年から毎年開催されている全国「みどりの愛護」のつどいが、令和7年に松戸市で開催されることになりました。
  • 市制施行80周年記念ロゴマーク 松戸市が誕生してから80年がたちました 1943年(昭和18年)4月1日に松戸町・高木村・馬橋村が合併し、松戸市が誕生しました。その後、1954年(昭和29年)に小金町の大部分を、1956年(昭和31年)に沼南村の一部(高柳・高柳新田地区)を編入し、現在の松戸市になりました。当初は人口約4万人であった本市も、今では約50万人の大都市になるまでに成長しました。節目の年を記念イベントなどを通して皆で盛り上げましょう。
  • 動画のサムネイル画像 QRコード付き交付申請書でマイナンバーカードをつくろう(動画) マイナンバーカードを作成していない人へ、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)がQRコード付き交付申請書を送付しています。QRコードを使ってスマートフォンなどでカンタンに申請することができます。動画で申請までの流れを説明していますので、ぜひご覧ください。
  • マイナンバー出張申請サポート 市内商業施設でマイナンバーカード出張申請サポート実施中! 市内の商業施設等に職員が出向いて、申請書の記入の手伝いや、申請に必要な顔写真の撮影など、マイナンバーカード交付申請に必要な手続きを無料でサポートします。ぜひこの機会にマイナンバーカードを申請しませんか。
  • 抗原検査キット費用助成のお知らせ 医療用抗原検査キットの購入費用を助成しています 市では、感染者を早期発見し、より確実に医療機関受診につなげることで感染拡大を防止するため、医療用抗原検査キット(定性)の購入費用を助成しています。体調が気になる場合等のセルフチェックとして、気軽にご活用ください。