このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

市長室から

市民の皆さんへ

新年明けましておめでとうございます(広報まつど1月1日号)

松戸市コミュニティバス実証運行記念式典記念撮影の様子
松戸市コミュニティバス実証運行記念式典

 市民の皆さまにとって、本年が健やかで実り多き1年になりますようお祈り申し上げます。

 昨年は、六実出身の高校生、須崎優衣(すさき ゆい)さんがレスリング世界選手権で金メダルを獲得し、小金中学校科学部がロボカップ世界大会で1位に輝くなど、市内の中学・高校生が世界を舞台に大いに活躍した1年でした。

 子育て関係では、小規模保育施設を市内全23駅の駅前・駅中に設置するなど受け皿を拡大し、2年連続待機児童ゼロを達成しました。こうした取り組みが評価され、「共働き子育てしやすい街ランキング」の全国編で、グランプリを受賞することができました。これは、多くの関係者が子どもたちのためにと頑張ってきた結果であり、松戸市民にとっての大きな勲章となりました。

 年末に開院した「松戸市立総合医療センター」は、東葛北部医療圏で初めての地域周産期母子医療センターとして認定されている産科・新生児病棟と、全国でも数少ないPICU(小児集中治療室)を持つ小児病棟を同じフロアに配置した、子どもを守る全国でも有数の病院となりました。救命救急医療・がん診療などの高度急性期医療も担い、これからも市民の健康を守り、「来てよかった」と思われる病院を目指します。

 2年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みでは、ルーマニアとドミニカ共和国との間で事前キャンプ受け入れに関する準備を進めています。七草マラソンと梨がきっかけで始まった両国との交流を、スポーツのみならず、文化的にも深めていきます。

 計画から50年かかった「東京外かく環状道路(千葉県区間)」が、今年開通し、市内に初の「松戸インターチェンジ」が設置されます。市内に高速道路ができるということは、松戸市の街づくりにとって大きな力となります。これに合わせて市の玄関口となる松戸駅周辺の賑わいを創出する計画も進めています。

 これからも市民の皆さまと力を合わせ、松戸市がさらに魅力的で夢のある街となるよう頑張っていきたいと思いますので、今年もよろしくお願いします。
 
松戸市長  本郷谷 健次


関連リンク

過去の「Go!Go!本郷谷」一覧

「市長室から」メニュー

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る