このページの先頭です
このページの本文へ移動

プラネタリウム室のご案内

松戸市民会館プラネタリウム室は昭和53年に開設されました。平成25年には、本市出身の宇宙飛行士 山崎直子さんが松戸市天空スーパーアドバイザー兼松戸市民会館名誉館長に就任されました。山崎名誉館長は幼少のころプラネタリウムへ足繁く通われ、宇宙への憧れを膨らませていたそうです。
プラネタリウム室は解説員のライブ解説による投影を行っております。季節に合わせた様々なプログラムを実施し、お子さまからご高齢の方までお楽しみいただいています。
星空の勉強に、あるいは日常の疲れを癒しに、松戸市のプラネタリウムをご覧になりませんか。スタッフ一同お待ちしております。

松戸市天空スーパーアドバイザー兼松戸市民会館名誉館長 山崎 直子さんより

 「地球の双子星」をご存知ですか。地球と大きさも密度もほぼ同じ「金星」です。しかし、かつては海が存在した可能性もあると考えられている金星は、今は二酸化炭素の温室効果によって、地表の温度が500℃近くまで達する灼熱の世界なのです。日本の金星探査機「あかつき」は、そんな金星のことを色々調べてくれていますよ。

 金星は、西洋では、愛と美の女神アフロディテ、またはヴィーナスの名で親しまれています。日本では、夜明け前に東の空に輝くときは「明けの明星」、日没後に西の空に輝くときは「宵の明星」と呼ばれますね。

 今年は、5月から12月頃まで「宵の明星」として見えますよ。低めに現れるので、見晴らしのいいところだと見つけやすいでしょう。この秋は、太陽の光を反射して西の空に輝く「宵の明星」をぜひ探してみてくださいね。

利用案内

プラネタリウム室の利用案内

投影日などプラネタリウム室の施設情報についてはプラネタリウム室の利用案内をご覧ください。

令和3年度は松戸市民会館プラネタリウムの投影スケジュールが変わります

プラネタリウム(NAOKO SPACE PLANETARIUM)へ行こう

お子さま向けにプラネタリウムについておはなししています。

番組

プラネタリウム通常投影番組

プラネタリウム特別投影(季節ごとの特別番組)

その他

星空観望会

リピーター感謝企画「星空カレンダープレゼント」

プラネタリウム室星空カレンダーに掲載する星景写真を募集します

本文ここまで