このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

通常番組のご案内

更新日:2019年5月1日

平成31年5月・6月の番組

投影日

  • 平成31年5月1日(水曜)から6月30日(日曜)までの土曜・日曜・祝休日
  • 5月5日(日曜)・6日(月曜)は「こどもの日 特別投影」のため、内容が異なります。詳細は、下記のリンク先をご覧ください。

こどもの日 特別投影

投影スケジュール等ご案内

  • 10時30分の回は字幕付きの投影です。聴覚が不自由な方もお楽しみいただけます。
  • プラネタリウム室の定員は先着80人です。投影開始30分前から、2階で観覧券を発券します。開始時間を過ぎての入場はできません。
  • 都合により番組が変更になる場合があります。
  • 市民会館の駐車場は台数が限られておりますので、公共交通機関でのご来館にご協力ください。
開始時間 5月の番組 6月の番組 投影時間

10時30分

宇宙実験室ISS 宇宙実験室ISS 40分
13時30分 からす座のおはなし ヘルクレスとアトラスのちえくらべ 20分
14時30分 からす座のおはなし

ヘルクレスとアトラスのちえくらべ

20分
15時30分 宇宙実験室ISS 宇宙実験室ISS 40分

料金

  • 大人 50円
  • 中学生以下 無料
  • 65歳以上 無料(免許証など年齢確認ができる物の提示が必要)
  • 各種障害者手帳、療育手帳をお持ちの方 無料(1名につき、介護者1名まで無料)

一般投影 番組紹介

投影開始時間

1回目(字幕付き):10時30分から、2回目:15時30分から(約40分)

5月・6月「宇宙実験室ISS」

この番組では、山崎直子宇宙飛行士もその建設に関わった日本の宇宙実験室「きぼう」のある国際宇宙ステーション(ISS)での宇宙実験についてご紹介します。最近では、創薬や材料実験、老化に関する研究など、様々な実験が進められ、また、小型人工衛星の放出や様々な観測など、大学や企業もISSを利用しています。そんなISSの現在、そしてこれからについてもお話します。

キッズ&ジュニアアワー 番組紹介

お子さま向けのやさしい内容です。どちらの番組でも、当日の夜に見える季節の星座や天体をご紹介します。

投影開始時間

1回目:13時30分から、2回目:14時30分から(約20分)

5月「からす座のおはなし」

むかし、カラスは人の言葉を話すことができるとてもきれいな銀色な鳥でした。ある日、太陽の神様アポロンはカラスにおつかいをたのみました。ところがカラスは寄り道をしてしまい、帰るのがおそくなりました。怒られたくないカラスはうそをついてしまうのです…。

6月「ヘルクレスとアトラスのちえくらべ」

うしかい座になっているのは、天地を支えているアトラスだとも言われています。ある日、英雄ヘルクレスが"黄金のりんご"を探していましたが、りんごのある山に入れるのはアトラスだけ。そこでヘラクレスはなんとかしてアトラスに行ってもらえるよう、アトラスがリンゴを取ってくる間、代わりにヘルクレスが天を担ぐことになったのですが・・・。

お問い合わせ

生涯学習部 市民会館
千葉県松戸市松戸1389番地の1
電話番号:047-368-1237 FAX:047-366-3344

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る