このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

通常番組のご案内

更新日:2019年7月1日

令和元年7月・8月の番組

投影日

・令和元年7月13日(土曜)から8月31日(土曜)までの土曜・日曜・祝日

水曜と木曜の投影について

土曜・日曜・祝日に加え、7月24(水曜)から8月29日(木曜)までの期間は、水曜と木曜の午後のみ、投影を実施します。
10時30分の投影については、水曜と木曜は実施しませんので、ご了承ください。                      

タイムスケジュール

  • 午前10時30分の回は字幕付きの投影です。聴覚が不自由な方もお楽しみいただけます。
開始時間 番組名(7月) 番組名(8月) 投影時間

午前10時30分(注釈1)

ふたたび月へ ふたたび月へ 40分
午後1時30分 マウイのつりばり こと座のはなし 20分
午後2時30分 マウイのつりばり

こと座のはなし

20分
午後3時30分 ふたたび月へ

ふたたび月へ

40分

(注釈1)10時30分の投影について
10時30分の回は字幕付きの投影です。聴覚が不自由な方もお楽しみいただけます
10時30分の投影は土曜・日曜・祝日のみ実施します。

料金

  • 大人 50円
  • 中学生以下 無料
  • 65歳以上 無料 (年齢確認が必要です。免許証、保険証など身分証明書をご提示ください)
  • 各種障害者手帳をお持ちの方 無料 (手帳所持者1名につき、引率者1名まで無料)

一般向けプログラム(約40分) 番組紹介 

7月と8月の番組「ふたたび月へ」

月に向かうアポロ月面着陸50周年を機にその偉業を振り返ると共に、これからの月開発について取り上げます。また、これからの山崎直子宇宙飛行士も関わっている新たな月を周回する宇宙施設(月近傍有人拠点GATEWAY:ゲートウェイ)についても詳しくご紹介します。

キッズ&ジュニアアワー(約20分) 番組紹介

  • お子様向けのやさしい内容です。どちらの番組でも、当日の夜に見える季節の星座や天体をご紹介します。

「マウイのつりばり」(7月のおはなし)

これは、ニュージーランドに伝わるお話です。マウイの人たちは、星や海をとても大切に思いながら暮らしています。あるマウイの男の子が、おばあさんからもらったつり針を使ってつりをすると、たいへんなものがつれてしまいます。男の子はどんなものをつりあげたでしょうか。

「こと座のおはなし」(8月のおはなし)

ギリシア一番の琴の引き手オルフェウスには美しい妻エウリディケがいました。ある日エウリディケは野原で花を摘んでいるときに毒蛇にかまれ死んでしまいます。オルフェウスは妻を取り戻そうと決心し、死者の国 冥界まで下りて行きます…。ふたりは無事に戻ってこられるのでしょうか。

お問い合わせ

生涯学習部 市民会館
千葉県松戸市松戸1389番地の1
電話番号:047-368-1237 FAX:047-366-3344

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る