このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

通常番組のご案内

更新日:2018年9月5日

平成30年9月・10月の番組

投影日

  • 平成30年9月1日(土曜)から10月21日(日曜)までの土曜・日曜・祝日

※9月17日(月曜)は、「敬老の日 特別投影」のため、内容が異なります。 詳細は、以下のリンク先をご覧ください。           

敬老の日 特別投影

投影スケジュール等ご案内

  • 午前10時30分の回は字幕付きの投影です。聴覚が不自由な方もお楽しみいただけます。
  • プラネタリウム室の定員は80人です。投影開始30分前から、2階でチケットを販売します。開始時間を過ぎてしまいますと入場はできませんので、ご了承ください。
  • 市民会館には駐車場がございませんので、なるべく公共交通機関でお越しください。
開始時間 番組名(9月) 番組名(10月) 投影時間

10時30分

ふたつのお月見 ふたつのお月見 40分
13時30分 やぎ座のおはなし みずがめ座のおはなし 20分
14時30分 やぎ座のおはなし

みずがめ座のおはなし

20分
15時30分 ふたつのお月見 ふたつのお月見 40分

料金

  • 大人 50円
  • 中学生以下 無料
  • 65歳以上 無料 (年齢確認が必要です。免許証など年齢確認ができるものをご提示ください)
  • 各種障害者手帳をお持ちの方 無料(1名につき、引率者1名まで無料)

一般向けプログラム 番組紹介

投影開始時間

1回目:10時30分から、2回目:15時30分から(約40分)

9月と10月の番組「ふたつのお月見」

お月さまを見上げたくなる季節になりました。今年の「中秋の名月(十五夜)」は9月24日です。
また、日本にはもうひとつ「十三夜」というお月見があり、こちらは10月21日です。
お月見の由来や、各地の風習など日本の伝統的なお話や、科学的な話題とともにお月さまを大特集します!

キッズ&ジュニアアワー 番組紹介

  • お子様向けのやさしい内容です。どちらの番組でも、当日の夜に見える季節の星座や天体をご紹介します。

投影開始時間

1回目:13時30分から、2回目:14時30分から(約20分)

「やぎ座のおはなし」(9月のおはなし)

やぎ座は、上半身が「やぎ」で、下半身が「魚」という、ふしぎな姿をした星座です。「牧神パーン」という神さまが、ある出来事によってこのような姿になってしまったのです。いったい何があったのでしょうか。

「みずがめ座のおはなし」(10月のおはなし)

秋の夜空のみずがめ座は、みずがめ(水瓶)をかつぐ青年「ガニメデス」の姿。はたらき者の彼は、どうして空でみずがめをかつぐことになったのでしょうか。

お問い合わせ

生涯学習部 市民会館
千葉県松戸市松戸1389番地の1
電話番号:047-368-1237 FAX:047-366-3344

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る