このページの先頭です
このページの本文へ移動

プラネタリウム通常投影番組のご案内

更新日:2020年9月14日

令和2年9月・10月の番組

投影日

令和2年9月5日(土曜日)から10月25日(日曜日)までの土曜・日曜・祝日。ただし、9月21日(月曜・祝日)は敬老の日特別投影を実施しますので番組内容が異なります。

投影スケジュール等ご案内

開始時間 9月の番組 10月の番組 投影時間

10時30分

月にまけるな赤い星 ~火星準大接近~

月にまけるな赤い星 ~火星準大接近~

40分
13時30分 いるか座のおはなし ペガスス座のおはなし 20分
14時30分 いるか座のおはなし ペガスス座のおはなし 20分
15時30分 月にまけるな赤い星 ~火星準大接近~ 月にまけるな赤い星 ~火星準大接近~ 40分
  • 投影開始の30分前から2階で受付です。
  • 10時30分の回は字幕付きの投影です。聴覚が不自由な方もお楽しみいただけます。
  • 10時30分開始と15時30分開始の回は一般投影番組です。
  • 13時30分開始と14時30分開始の回は、キッズ&ジュニアアワーです。お子さま向けのやさしい内容で、当日の夜に見える季節の星座や天体をご紹介します。
  • 都合により番組が変更になる場合があります。

一般投影番組

9月・10月「月にまけるな赤い星 ~火星準大接近~」

この番組では、おなじみの季節の行事「お月見」をご紹介するとともに、今年2年ぶりに秋空に赤く輝き目を引くようになる火星についてご紹介します。また現在、日本が進めている“火星の月”の探査計画「MMX」についても取り上げます。

キッズ&ジュニアアワー 番組

9月「いるか座のおはなし」

ギリシャ中の音楽家が集まるコンクールで優勝したたて琴の名手アリオンは、船で帰る途中、もらったごほうびの宝石をねらう海賊たちに襲われてしまいます。追いつめられたアリオンを助けたのは…。

10月「ペガスス座のおはなし」

ヘリコン山のふもとに住む人たちは歌が大好き。その歌声を聴いているうちにヘリコン山はなんだか嬉しくなってズン!ズン!とふくれて大きくなり、とうとう神さまの住む天まで届いてしまいました。困った神さまはペガススを呼び出してこう言いました…。

料金

  • 大人 50円
  • 中学生以下 無料 
  • 65歳以上 無料(免許証など年齢確認ができる物の提示が必要)
  • 各種障害者手帳等をお持ちの方 無料(1名につき、介護者1名まで無料)

その他

  • プラネタリウム室の定員は40人です。
  • 駐車場は使用できませんので、公共交通機関でご来館ください。

お問い合わせ

生涯学習部 市民会館

千葉県松戸市松戸1389番地の1
電話番号:047-368-1237 FAX:047-366-3344

本文ここまで