このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

寛文八年銘庚申塔

更新日:2018年4月3日

 青面金剛(しょうめんこんごう)を主尊(しゅそん)とする庚申塔は全国でも最も多く見られます。下矢切庚申塚にある寛文8年(1668年)銘庚申塔は、形状は光背型(こうはいがた)で上部に阿弥陀三尊種子(しゅじ)と日月を刻み、正面には青面金剛像、そしてその足元に三猿が配されています。

寛文八年銘庚申塔の写真

所在地

  • 下矢切300 下矢切庚申塚

交通

  • 北総鉄道矢切駅より徒歩8分

案内図

【市指定有形文化財】寛文八年銘庚申塔
松戸市下矢切300 下矢切庚申塚

お問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-366-7462 FAX:047-366-7055

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る