このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

金龍山一月寺旧蔵木造普化禅師立像ほか

更新日:2018年5月2日

 普化宗の僧を一般に「虚無僧(こむそう)」といいます。江戸時代、この宗派に入れる者は武士に限られ、厳しい審査がありました。これに合格した者には、「本則(ほんそく)(虚無僧の免許状)」・「会印(かいいん)(証明書)」・「通印(つういん)(諸国往来自由手形)」の三印(さんいん)、「尺八(しゃくはち)」・「天蓋(てんがい)」・「袈裟(けさ)」の三具(さんぐ)等が与えられました。虚無僧は経を読むことはなく、仏事らしいこともしませんでした。主な修業は、着流しに袈裟をかけ、首から偈箱(げばこ)をさげて、天蓋をかぶり、尺八を吹きながら托鉢(たくはつ)をして歩くことでした。

 現在松戸市立博物館に展示中の一月寺関係資料には、ここに写真を掲載した虚無僧法器(ほうき)と木造普化禅師立像(像高32センチメートル普化禅師の修行行脚の姿を写した像)、木造金先禅師坐像(像高36センチメートル金先派宗師像)のほか、木造不動明王坐像(像高21.5センチメートル)があります。

所在地

  • 千駄堀671 松戸市立博物館

交通

  • 新京成線八柱駅・JR新八柱駅より新京成バス「公園中央口」下車徒歩1分

案内図

【市指定有形文化財】金龍山一月寺旧蔵木造普化禅師立像ほか
松戸市千駄堀671 松戸市立博物館

関連リンク

お問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-366-7462 FAX:047-366-7055

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る