このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

寛政七年小金原御鹿狩絵図

更新日:2018年5月2日

 徳川幕府が統轄していた小金牧の中野牧(現在の松戸、柏、鎌ケ谷市等の地域)では、農耕害獣の駆除を目的とした御鹿狩が、4回<享保(きょうほう)10年(1725年)・同11年(1726年)8代吉宗(よしむね)、寛政(かんせい)7年(1795年)11代家斉(いえなり)、嘉永(かえい)2年(1849年)12代家慶(いえよし)>にわたって行われました。4度の御鹿狩を将軍が閲見するために造られた「お立場(おたつば)」は昭和のはじめまで、松飛台に残っていました。この絵図は、家斉が行なった御鹿狩の過程を一図にまとめた構図で、動員された旗本や農民たちの動きなどがいきいきと描かれています。

寛政七年小金原御鹿狩絵図の写真

所在地

  • 千駄堀671 松戸市立博物館

交通

  • 新京成線八柱駅・JR新八柱駅より新京成バス「公園中央口」下車徒歩1分

案内図

【市指定有形文化財】寛政七年小金原御鹿狩絵図
松戸市千駄堀671 松戸市立博物館

関連リンク

お問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-366-7462 FAX:047-366-7055

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る