このページの先頭です
このページの本文へ移動

熱があるときは

更新日:2021年3月29日

まずは身近な医療機関に電話相談

発熱などの症状が現れた場合の相談の流れ 発熱などの症状がある場合は、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや他の感染症であることも疑われます。適切な治療のために以下の流れに沿って相談しましょう かかりつけ医などの相談できる医療機関はありますか あるときは、医療機関に電話をし、熱などの症状があるときも受診できるか確認してください 相談できる医療機関がないとき、また、医療機関が熱のあるかたの診察をしていない場合は、発熱外来を案内している窓口へ問い合わせてください 松戸市新型コロナウイルス感染症相談専用ダイヤル 0120-415-111 音声ガイダンスで1番を選択 平日の午前8時30分から午後5時まで 千葉県発熱相談コールセンター 3月31日(水曜)までは03-6747-8414 4月1日(木曜)からは0570-200-139 土日・祝日を含む24時間対応 医療機関に電話をしてから受診をしてください。医師が必要と判断した場合に検査となります。マスクの着用、手洗いや咳エチケットを徹底してください。複数の医療機関の受診を控えてください。

発熱等の症状を感じたら、日ごろ通院している医療機関か、お近くの医療機関に電話で相談をしてください。
発熱患者等の相談・診療・検査の流れ(PDF:166KB)
熱があるときは(千葉県ホームページ)

医療機関を受診する際のお願い

  • 医療機関を受診する際は、必ず電話で事前にご連絡いただくようお願いします。医療機関では、感染拡大防止のために、発熱患者の診療時間や受付・診療場所を分けて対応しております。
  • 自己判断で複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずはかかりつけ医等に電話でご相談ください。

身近な医療機関がないなど、相談先に困った場合の電話相談

松戸市新型コロナウイルス感染症相談専用ダイヤル

電話番号:0120-415-111
音声案内が流れますので、1「症状、受診、検査に関すること」を選択してください。
対応時間:平日8時30分から17時まで

※お電話での相談が難しい方は、FAX(047-704-0251)または、このページの下部にある健康福祉政策課のお問い合わせ専用フォームからメールでお送りください。

お送りいただくときは、必ず回答先のFAX番号またはメールアドレスをご記入ください。

回答は、送った日の翌日(土曜・日曜・祝日にあたる場合は翌開庁日、また、内容によっては翌日以降)となる場合があることをご了承ください。

千葉県発熱相談コールセンター

令和3年4月1日から電話番号が変わります

令和3年3月31日(水曜)まで:03-6747-8414
令和3年4月1日(木曜)から:0570-200-139
対応時間:24時間(土曜・日曜・祝日を含む)
対応内容:発熱した際に受診できる医療機関の紹介、新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応など

※聴覚に障害がある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、FAXをご利用ください(FAXによるご相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります)。

FAX番号:043-224-8910(千葉県疾病対策課)

FAX様式をダウンロード(PDF:48KB)

電話相談窓口(コールセンター)について(千葉県ホームページ)

ご相談いただく目安

※この目安は、市民の皆様が相談・受診する目安です。これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。

少なくとも以下のいずれかに該当する方は、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
1息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
2

重症化しやすい方(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、発熱や咳等の比較的軽い風邪の症状がある場合

3上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
  • 症状が続く場合は必ずご相談ください。
  • 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。
  • 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため重症化しやすい方と同様に、早めにかかりつけ医や発熱相談コールセンターにご相談ください。
妊婦の方向けの情報は新型コロナウイルス感染症に関する情報(妊婦向け)をご覧ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関や発熱相談コールセンターに電話などでご相談ください。
子どものいるご家族への情報は厚生労働省リーフレット(PDF:543KB)をご覧ください。


オンライン診療ができる医療機関

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について(厚生労働省)

オンライン診療(電話や情報通信機器を用いた診療)ができる医療機関については、厚生労働省のホームページに一覧が掲載されております。
※必ず医療機関に事前連絡してから受診するようにしてください。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

健康福祉部 健康福祉政策課

千葉県松戸市根本387番地の5 本館3階
電話番号:047-704-0055 FAX:047-704-0251

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症の関連情報

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで