• 抗原検査キット費用助成のお知らせ 医療用抗原検査キットの購入費用を助成しています 市では、感染者を早期発見し、より確実に医療機関受診につなげることで感染拡大を防止するため、医療用抗原検査キット(定性)の購入費用を助成しています。体調が気になる場合等のセルフチェックとして、気軽にご活用ください。
  • 制度の概要 接待を伴う飲食店従業員への無料PCR検査の実施期間を延長しました 新型コロナウイルス感染症のクラスター未然防止対策の一環として、市では接待を伴う飲食店従業員に対してPCR検査を実施しています。実施期間は令和3年10月までの予定でしたが、緊急事態宣言の解除を受けて、令和4年3月末まで延長いたします。当事業にて従業員の陰性が確認され、公表を希望する店舗は市のホームページに店舗名を掲載しています。
  • 事業紹介画像 PCR検査費用の助成を行っています 市独自で、全市民を対象としたPCR検査費用の助成を月2回まで行っています。感染の不安のある方、感染リスクの高い場所に行かれた方、急な遠出を余儀なくされる方など、検査の必要のある方は、ぜひご利用ください。
  • 動画のサムネイル画像 ごみの分別区分・収集日の一部変更(令和4年2月から)の説明動画を公開しています 松戸市では、令和4年2月1日からごみの分別区分と収集体制の一部変更を予定しています。変更のポイントを動画にまとめましたので、松戸市ごみ減量シンボルキャラクター・クリンクルちゃんと一緒に確認しましょう!
  • 市立松戸高校吹奏楽部の演奏の様子 市内吹奏楽部・合唱部が大活躍! 吹奏楽部や合唱部などの部活動が盛んと言われる県内でも、屈指の実力校がそろう松戸市。コロナ禍でも一生懸命部活に打ち込み、全国レベルの大会で賞を受賞した市内の中学・高校生の活躍をご紹介します。
  • グリーンステージの様子 まつおん~まつど音楽フェスティバル~が開催されました 2021年11月6日(土曜)に、「音楽のまち松戸」をテーマに森のホール21、21世紀の森と広場でまつど音楽フェスティバルが初開催され、約4,300人の参加がありました。紅葉が美しい青空の下、演奏やワークショップ、キッチンカーの料理に、会場はたくさんの人たちの笑顔で溢れていました。
  • 松戸市は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています 松戸市は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています  松戸市は、市民、企業、各種団体などのステークホルダーとのパートナーシップを推進し、「経済・社会・環境」の三側面の調和を保ち、現世代と将来世代がともに安全・安心に暮らせる持続可能な優しいまちを実現させる取り組みを進めることにより、我が国や世界のSDGs達成に貢献することを宣言します。 松戸市地方創生SDGs推進本部本部長 本郷谷 健次
  • カタログポケットご案内 広報まつどをアプリ「カタログポケット」で配信中 令和3年9月から、株式会社モリサワのアプリ・WEBサイト「カタログポケット」にて「広報まつど」の配信を開始しました。PCやスマートフォンで広報まつどを閲覧できるだけではなく、テキストデータを読み取って自動翻訳や音声読み上げを行うことができます。今後、広報まつど以外の市からのお知らせ等も随時配信する予定です。
  • 共働き子育てしやすい街ランキング2020総合編1位受賞! 松戸市が「共働き子育てしやすい街ランキング2020」総合編1位を受賞 松戸市が、日経DUALが発表する「共働き子育てしやすい街ランキング2020」において、初めて総合編1位を受賞しました。 今回の調査では、保育所(園)や放課後児童クラブなどの評価に加え、コロナ下での妊産婦への支援、ひとり親世帯への支援、ICT教育、リモートワーク支援なども評価項目に加わり、ウィズコロナ時代の「共働き子育てしやすい街」として本市が高い評価を受けました。