このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

【合同】帰宅困難者対策訓練18(東葛飾地域振興事務所、市民会館、市民劇場、松戸警察署との合同訓練)【平成30年4月27日】

更新日:2018年5月7日

 松戸市では、大規模災害が発生した場合における対応として、「松戸駅周辺帰宅困難者等対策協議会」及び「新松戸・幸谷駅周辺帰宅困難者等対策協議会」を結成しておりますが、帰宅困難者用の一時滞在施設である東葛飾地域振興事務所、市民会館、市民劇場と松戸警察署との合同訓練を行ったので、訓練内容・結果を報告します。

1 実施目的

 大規模災害が発生し、公共交通機関が運行を停止した場合、駅周辺及び大規模集客施設では多くの帰宅困難者が発生し、一時滞在施設を開設して対応を図る必要が生じることがあるが、それに対応するためMCA無線機を活用して関係機関による情報交換、情報収集などを図り、効果的な対応を実施するため。

2 訓練想定

 首都圏を震源とするM7の直下型地震が発生し、松戸市内も震度6強を観測した。これに伴い、市内では、公共交通機関が運行を取りやめたため、駅周辺及び大規模集客施設内等で多くの帰宅困難者が発生した。このため、市役所内に災害対策本部を設置し、一時滞在施設及び警察署と情報交換、情報共有して各種対応を図ることとした。

3 訓練日時

平成30年4月27日(金曜)午後2時から午後3時まで

4 訓練参加機関

  • 東葛飾地域振興事務所 
  • 市民会館
  • 市民劇場 
  • 松戸警察署 
  • 松戸市役所(危機管理課)

5 訓練内容

(1)MCA無線を活用して、迅速な情報交換、伝達訓練を実施する。
(2)一時滞在施設では、施設の破損状況や来館者の怪我の有無などを早急に調査して、一時滞在施設
  として受け入れが可能か判断する。
(3)一時滞在施設は、受け入れが可能な場合、帰宅困難者用の備蓄品が、早期に配分できるかを確認
  する。
(4)警察は、市内の全体的な被災状況を把握し、関係情報を災害対策本部に連絡するとともに帰宅困難
  者の雑踏事故防止対策や一時滞在施設へのスムーズな移動ができるような側面的な支援を行う。

6 実施結果

MCA無線機を活用して、以下のような訓練が行えた。
(1)一時滞在施設は、それぞれ館内状況を早期に把握するとともに、MCA無線を活用して、災害対策
  本部にスムーズな情報提供を行い、連携の強化が図れた。
(2)災害対策本部は、各機関からの情報に基づき、市内の被災状況を素早く把握し、また公共交通機
  関の運行情報に基づき、帰宅困難者を早期に一時滞在施設に移動させる手続きが図れた。
(3)警察署は、積極的に市内の被災状況を把握するとともに、帰宅困難者の雑踏事故防止の抑止、移
  動に伴う交通事故防止対策になどに努めた。
(4)MCA無線機の取り扱いに慣れていたためスムーズな対応が図れた。

お問い合わせ

総務部 危機管理課
千葉県松戸市根本387番地の5 別館1階
電話番号:047-366-7309 FAX:047-368-0202

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

帰宅困難者対策

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る