このページの先頭です
このページの本文へ移動

帰宅困難者対策訓練11(東葛飾地域振興事務所・JR松戸駅・流鉄・聖徳大学・松戸警察署との合同訓練)

更新日:2016年12月13日

 松戸市では、大規模災害が発生した場合における対応として「松戸駅周辺帰宅困難者等対策協議会」を設置し(平成25年7月に設立)、公共交通機関、大規模集客施設、大学、警察署等との関係機関の方々と対策を検討しております。
協議会に参加している東葛飾地域振興事務所・JR松戸駅・流鉄・聖徳大学・松戸警察署と合同訓練を行ったので、訓練内容・結果を報告します。

1 訓練目的

 大規模地震が発生した場合、関係機関と公共交通機関との情報交換、情報の共有化は重要であり、その結果いかんによっては、その後の対応に大きな支障をきたすことがある。
そこで、MCA無線を活用して、相互の機関が連絡を密にし、効果的に帰宅困難者を一時滞在施設である市民会館及び東葛飾地域振興事務所に収容できるようにし、帰宅困難者対策を強化を図るため。

2 訓練想定

 首都圏を震源とするM7の直下型地震が発生。松戸市内も震度6強を観測し、公共交通機関が停止し、松戸駅及び流鉄線の沿線駅においても帰宅困難者が発生するとともに、火災、負傷者も発生した。これに対して、市(危機管理課)において災害対策本部を立ち上げ、関係機関と連携を強化して対応を実施する。

3 訓練日時

 平成28年5月20日(金曜) 午後2時から同2時50分まで

4 訓練場所

 東葛飾地域振興事務所・JR松戸駅・流鉄・聖徳大学・松戸警察署・市民会館・危機管理課

5 訓練内容

(1)MCA(災害用)無線を活用しての情報交換・伝達訓練
(2)一時滞在施設である東葛飾地域振興事務所(県)、市民会館へ帰宅困難者を想定して
  避難誘導を行うためのMCA(災害用)無線での伝達訓練

6 実施結果

 訓練当初は、ややMCA無線の取り扱い方法に不慣れな面があったが、訓練時間を経ることにより、スムーズな通話を確保することができた。さらに機器の取り扱い方法の習熟、グレードアップを図っていきたい。

お問い合わせ

総務部 危機管理課

千葉県松戸市根本387番地の5 別館1階
電話番号:047-366-7309 FAX:047-368-0202

本文ここまで

サブナビゲーションここから

帰宅困難者対策

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで