このページの先頭です
このページの本文へ移動

Here comes Erin! May 2016 Issue

更新日:2016年9月13日

Introducing Matsudo to the world 
In the lead up to the Tokyo Olympics, Matsudo City is working hard to raise its international profile. In September we reached out to the diplomat corps and organised a study tour for embassy representatives. The tour proved wildly popular, and over fifty(!) diplomats signed up to watch sumo at Sadogatake Stable, visit Tojo-tei House, and hand-pick delicious Matsudo pears.

Since then we have continued to invite international representatives to experience the city’s many charms. In January two Romanian Olympians ran in Matsudo’s Nankusa Marathon. The following month the Acting Ambassador of the Dominican Republic gave a cultural workshop at Matsudo Municipal High School. In March, the Ambassador of Kosovo came to learn about our art and culture initiatives. And most recently, the Acting Ambassador of Nepal (pictured below, 2nd from the left) led the parade at the Tokiwadaira Sakura Festival!

Not only do these exchanges generate great publicity for Matsudo City itself, they also enable the Matsudo community to ‘meet the world’ from home. I think this is great practice for when the entire globe comes to visit in 2020!

28年5月15日号:エリンが行く、どこでもマツド!

松戸市を世界に紹介
市では2020年東京オリンピックの開催に向けて、松戸市は国際的知名度を上げようと一生懸命努力しています。昨年9月には在日外交団に働きかけて、駐日外交団ツアーを実施しました。佐渡ヶ嶽部屋の見学、戸定邸への訪問、梨もぎ体験など、50人以上の外交官が参加した大変人気のあるツアーでした。

その後も、松戸の魅力が体験できるようにと、各国代表をどんどん招待しています。今年1月、ルーマニアのオリンピック選手2人は松戸の七草マラソンに参加してくれました。2月には、ドミニカ共和国の臨時代理大使が来松し、市立松戸高校で同国の文化を紹介してくれました。3月には、コソボ大使が松戸市の文化芸術構想について学ぶために来松しました。そしてつい先日は、ネパールの臨時代理大使が常盤平さくらまつりのパレードで先頭を務めてくれました。

このような交流は、松戸市の知名度を上げるだけでなく、松戸のみなさんが地元でも「世界と出会える」絶好の機会です。2020年に世界中から人々が集うときの為の、最高の練習になるのではないでしょうか!


Click to see the full catalogue of Erin's columns コラムの一覧へ

Return to 'CIR Erin in print and on radio’ 「広報まつどと地域ラジオでのCIR」へ戻る

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで