このページの先頭です
このページの本文へ移動

Here comes Erin! March 2016 Issue

更新日:2016年9月13日

Matsudo, a living and breathing city
Some of you may recall seeing a series of orange flags displayed by the west exit of Matsudo Station. The installation was a flowing city mural, intricately drawn by Portuguese architect Vasco Mourao in collaboration with art program PARADISE AIR.

Seeing Vasco’s work prompted me to ponder how I perceive this city. To me, Matsudo is like a living creature. Matsudo Station is the beating heart that keeps us moving. The rivers are the lungs, quietly revitalizing the city. The city hall is the brain, collecting data and solving problems. And the local people are the backbone and spirit, building their homes, businesses and daily lives within the city limits.

How do you imagine Matsudo?

Here comes Erin! March 2016 Issue

生き物としての松戸市
みなさん、しばらくの間、松戸駅西口にディスプレイされたオレンジ色のひらめく布に描かれた作品を見ましたか。PARADISE AIRというアートプログラムで松戸を訪れたポルトガル人建築家ヴァスコ・ムラオさんの作品です。

ヴァスコさんの作品は、私に松戸のイメージを考えさせました。私にとって松戸はまるで生き物のようです。当市を動かしていく心臓は松戸駅であり、当市に活力を吹き込む肺は川であり、データを集め、問題を解決する頭脳は松戸市役所ではないかと思います。また、松戸に住み、事業を営み、日常生活を送る松戸市民は、正に松戸の核である脊髄と精神に間違いありません。

あなたの松戸に対するイメージはいかがでしょうか。


Click to see the full catalogue of Erin's columns コラムの一覧へ

Return to 'CIR Erin in print and on radio’ 「広報まつどと地域ラジオでのCIR」へ戻る

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで