このページの先頭です
このページの本文へ移動

Here comes Erin! April 2016 Issue

更新日:2016年9月13日

Matsudo in many languages
I was delighted to help the Matsudo City volunteer guides practice their English guiding skills on a recent visit to Tojo-tei House. The volunteers are passionate about Matsudo’s history and ready to give informative tours in both English and Japanese. Many thanks for introducing me to such a beautiful building!

Thinking of ways to attract foreign visitors to Matsudo City is actually an important part of my job. After visiting many local attractions, I have come to realise that a big piece of this puzzle is effective communication. So with that in mind, I would like to share two pieces of advice with any readers that wish to create multilingual materials. Firstly, “quality over quantity” - be clear and avoid getting caught up in the small details. And secondly, engage with the foreign community during the process. If you’re not sure whether what you have written sounds natural or not, ask a native speaker!

Language diversity is fun, so let’s make the most of it.

Here comes Erin! April 2016 Issue

多言語での松戸市
先日、戸定邸の英語でのモニターツアーに招待され、喜んで出掛けました。松戸シティガイドのボランティアの皆さんが、松戸の歴史を熱心に説明してくれるおかげで、英語と日本語両方でツアーができます。ボランティアの皆さん、素敵な戸定邸を案内していただき、感謝しております!

松戸市に外国人観光客を惹き付ける方法を考えることは、私の大事な仕事のひとつです。外国人観光客にとって、何よりも必要とされることは、効果的なコミュニケーションだと思います。その点を考慮して、多言語で資料の作成を考えている地元の皆さんに2つのアドバイスをさせて頂きます。

まずは「量より質」。詳細にこだわり過ぎず、分かりやすく伝えるよう心掛けましょう。もうひとつは、外国人コミュニティに協力してもらうことです。作成したい資料が言語的に合っているかどうかが分からない場合、ネイティブ・スピーカーに確認してください。

多言語使用は楽しいので、最大限に活用しましょう!


Click to see the full catalogue of Erin's columns コラムの一覧へ

Return to 'CIR Erin in print and on radio’ 「広報まつどと地域ラジオでのCIR」へ戻る

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで