このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

ウィルチェアーラグビー羽賀理之選手に松戸市民栄誉賞

更新日:2016年12月12日

ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)日本代表としてリオデジャネイロパラリンピックに出場し、銅メダルを獲得した市内在住の羽賀理之(はが・まさゆき)選手に、松戸市民栄誉賞が授与されました。平成28年10月19日(水曜)午前に市役所で行われたセレモニーにはたくさんの市民が集まり、羽賀選手の凱旋をお祝いしました。

メダルを持ち帰れてうれしい

羽賀選手は、第三中学校、専修大学松戸高校出身で、現在も市内にお住まいです。授与式の日、市役所前に集まった約500人の市民・職員を前に、羽賀選手は「パラリンピックは特別な場所だと実感しました。選手村に入ってから閉会式まで最高の時間を過ごすことができました。松戸市に銅メダルを持ち帰ることができてうれしく思います。本当にありがとうございました」と話してくれました。

がんばれば夢にたどり着く

授与式では、本郷谷市長から「松戸市民に感動と勇気を与えてもらいました。どんなことがあっても先を見てがんばれば夢にたどり着くということを、身をもって実現していただいた」と、市民栄誉賞にふさわしい功績をたたえました。来賓の皆さんからも、羽賀選手の精神力や忍耐力をたたえるお祝いの言葉が送られました。羽賀選手が7人目の松戸市民栄誉賞受賞者となります。

集合写真

羽賀選手に聞きました

リオでは接戦に次ぐ接戦でした

「ウィルチェアーラグビーは1つのミスが勝敗を左右するスポーツです。どの国がメダルを獲ってもおかしくなかった大会でした」

メダルを獲った感想は

「本当は金メダルが目標でした。準決勝で負けた日はチーム全員が意気消沈し涙を流しましたが、今時点の最高の結果を持って帰ろう、と気持ちを切り替えて3位決定戦に臨みました。他の大会でメダルを獲ったこともありますが、パラリンピックという特別な舞台で銅メダルを獲れたことは、他では味わえない感動がありました」

次の目標は

「2020年の東京大会では中心選手として出場したいです。若い選手も多く険しい道であることは分かっていますが、引っ張っていく立場になるのでがんばります」

市民の皆さんに一言

「現地でも松戸市の皆さんの応援が力になって、銅メダルに結びつきました。たくさんの応援ありがとうございました」

外部リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【ウィルチェアーラグビー:羽賀理之選手】~頂上決戦を勝ち抜いて日本の中心選手(千葉県教育委員会ホームページ)

内部リンク

松戸市民栄誉賞(平成11年7月1日制定)

「まつまど」から明るい話題をお届け

お問い合わせ

総合政策部 秘書課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館5階
電話番号:047-366-7303 FAX:047-366-1177

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2016年度の「まつまど」

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る