このページの先頭です
このページの本文へ移動

日本初の「松戸フューチャーセンター」がオープン

更新日:2016年3月31日

ポスターの画像

行政では日本初となる、「働く未来を一緒に創る 松戸フューチャーセンター」が文化ホールにオープンし、3月26日(土曜)に、内覧会が行われました。

ヨーロッパ発祥のフューチャーセンターが松戸に日本で初めてオープン!

 フューチャーセンターは、解決が難しい課題について、様々な立場の人が、対話を通して未来志向で課題を解決していく場のことです。
 「松戸フューチャーセンター」は、行政で初めて正式にフューチャーセンターに必要とされる4つの要件を満たし、ヨーロッパのフューチャーセンターが集まった実践コミュニティである「フューチャーセンター・アライアンス」共同創始者のハンク・クネ氏からお祝いのメッセージ(PDF:160KB)も届きました。

「松戸フューチャーセンター」のロゴマークもお披露目

 「松戸フューチャーセンター」のオープンにあわせて、グラフィックデザインオフィス代表・佐藤大輔氏がデザインした、ロゴマークがお披露目されました。

コンセプトは「輝く未来」。

 「未」と「来」を重ねた形になっていて、そのときにできる八角形をダイヤモンドの輝きに重ねています。また、10個の三角形の集合体に見ることもでき、「みんなが集って輝く」そんなメッセージを込めて作成されたそうです。

さまざまな人たちが描く「2060年の松戸」

立場も年齢も異なる、はじめて出会った27人の参加者が、フューチャーセッションの体験をしました。
対話を通して、
「10代~80代までみんなが働けて、民泊などを通して世界とつながるまち」
「おせっかいがいい具合にできるまち、交流できるまち」
「若い人が集まるまち(南部市場や松戸駅などをステキに)」
「暮らしとアートを結びつけるまち」
を導き出した参加者の皆さん。
その思いを最後にレゴブロックでかたちにしました。

これからの「松戸フューチャーセンター」に向けて

「松戸市としてフューチャーセンターがオープンしたことをとても嬉しく思いました。実際、市でどんな活動をしているのかわからないことがあるので、どんどん発信して欲しいです。市民として参加できたこと、とてもいい経験でした」
「心のコンパスに描いた未来と夢を是非実現させてください」
等、参加者からの声があり、今後への期待と希望があふれる内覧会でした。

関連リンク

「働く未来を一緒に創る 松戸フューチャーセンター」オープン

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。まつどまなびぃネット(松戸市生涯学習情報システム)

「まつまど」から明るい話題をお届け

お知らせ

平成26年4月1日~平成28年4月13日の間、お問い合わせフォームから生涯学習推進課宛に送付されたお問い合わせ内容が受信できていなかったことが判明いたしました。
※現在は復旧しています。
ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

生涯学習部 生涯学習推進課

千葉県松戸市松戸1307の1松戸ビルヂング4階(松戸市文化ホール内)
電話番号:047-367-7810 FAX:047-360-0945

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2015年度の「まつまど」

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで