このページの先頭です
このページの本文へ移動

七草マラソンにルーマニアの選手が出場し、市民と交流しました(平成31年1月13日、14日)

更新日:2019年1月18日

松戸市はルーマニアのホストタウンに登録されており、様々な形で交流を行っています。七草マラソンへのルーマニア選手の招待は、平成28年の第61回大会からはじまり、今年の第64回大会が4回目となります。今回はリオ五輪800m出場の経歴を持ち、ヨーロッパ大会で優勝もしているクラウディア・ボボーチャ選手が出場しました。また、大会前後には、市立第四中学校との交流や甲冑体験、ランニング教室を開催し、市民との交流を深めました。

ボボーチャ選手の経歴はこちら。

中学生との交流会

七草マラソン出走前に、市立第四中学校英語部・美術部の皆さんが控室に訪れ、ボボーチャ選手・ルーマニア大使館来賓の方々と交流を行いました。美術部からは今大会用に作成したゴールテープ(ルーマニア国旗をモチーフ)の披露、英語部からは松戸市の観光地を英語で紹介、観光案内をプレゼントしました。また、「走ることをはじめたのはなぜですか?」「ケガをしたことはありますか?」など英語で質問があり、ボボーチャ選手からは今までの経験を交えお話をしてくれました。


第四中の皆さんと

七草マラソン


ボボーチャ選手からは「2020年東京オリンピックでメダルを取れるようにがんばります。日本とルーマニアでたくさんメダルを取りましょう!」と挨拶があり、世界トップレベルの走りを披露してくれました。また、在日ルーマニア大使館から来賓として領事部アレクサンドル・グバンドル様、内務部マリウス・ドゥミトレスク様が参加し、観覧席に手を振りながら本郷谷市長と一緒に走りました。完走後は、岡本大会会長より感謝状の贈呈が行われました。

歓迎会

ボボーチャ選手の松戸市訪問歓迎会を開催し、長旅の疲れを癒していただきました。

甲冑体験

七草マラソン翌日は、戸定が丘歴史公園で松戸手作り甲冑愛好会の皆さまの協力により、甲冑体験を行い、ボボーチャ選手に日本の文化を体験してもらいました。

ランニング教室(ホストタウン交流プログラム)

和名ヶ谷スポーツセンターにて、「トップアスリートに学ぶ効果的なランニング法」と題して、ホストタウン交流プログラムを開催しました。子供から大人まで約40名が参加し、ボボーチャ選手のランニング練習方法を体験・学習しました。参加者から「1日どれくらい走っているか?」との質問には、1日20kmとの答えがあり、さすがトップアスリートとの声があがりました。

お問い合わせ

総合政策部 東京オリンピック・パラリンピック推進課

千葉県松戸市根本387番地の5 別館4階
電話番号:047-710-3081 FAX:047-366-7711

本文ここまで

サブナビゲーションここから

スポーツ国際交流

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで