このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

完成に向けて着々「旧徳川昭武庭園復元工事」進行中!

更新日:2018年3月5日

指し棒を持つまつまつ

徳川昭武公の思いが今甦ります。庭園の完成が楽しみ!


庭園復元イメージ

 平成30年春、約2年に及んだ「旧徳川昭武庭園復元工事」が完了する予定です。徳川昭武が構想した庭園はどのようなものだったのでしょうか。
 その思いに迫ることができるのが、戸定歴史館で開催されている記念展です。

旧徳川昭武庭園復元記念展 「いま甦る明治の庭」

記念展の見どころは?

 昭武は幼少のころから小石川後楽園や偕楽園などの名園に親しんでいたと思われます。また、アメリカやヨーロッパにも約5年間滞在し、やはり多くの庭園を訪れました。和と洋、二つの異なった庭園文化を自らのものとした昭武はどのような庭園を思い描き、作り出したのでしょうか。
 この記念展について、戸定歴史館の小川学芸員に聞いてみました。

――昔の庭の様子をどうやって復元するの?
 今回の復元工事では、写真を多く活用しました。昭武は写真も趣味としていたので、多くの写真が残っているのです。さまざまな角度からの写真があるので、木々や東屋(あずまや)の正確な位置が特定できました。
 また、どの時点の庭園を基準にするかについても検討を重ねました。戸定邸の庭を造る時、昭武は木々の成長や見える角度を細かく計算し手を加えていたはずです。植えた木が成長していった未来に、昭武の目指した理想の庭が完成する予定だったのかもしれません。庭を造った最初期に戻しすぎても、昭武の考えと違ってしまうかもしれない…。千葉大学園芸学部の藤井英二郎名誉教授や、昭武について30年近く研究してきた戸定歴史館の齊藤館長らの専門家が何度も調査と研究を重ね、明治20年代中頃から43年の昭武没年までの時代を復元の基準にすることが決まりました。

――明治期の写真と復元工事後の写真の比較も楽しそう!
 福島県の学生寮があった敷地には、現在、明治時代にあった東屋が復元されています(平成30年6月頃公開予定)。
 また、同じ種類・同じくらいの大きさ・同じような特徴の木を、明治時代にそれぞれの木が植わっていたその位置に植え付けたり移植したりしています。樹木の形や節のある東屋の柱にこだわって進めたので、写真を見る際には全体と細部の両方に着目してくださるとうれしいです。
 実際に戸定邸の庭園を見ると、明治時代の写真と比べてそっくりに見える場所もありますよ。今回の記念展では、現代の写真と、明治時代の写真とを並べて展示しています。「実は戸定には幻の○○が!?」など、写真を比べて見ることによって、いろいろな発見をしていただけると思います。

――すごい!写真以外にも、何やら素敵なものが…
 記念展では豪華な鉢(旧大名家のコレクションにあっても良いくらいの名品)を展示しているのですが、昭武や彼の家族が名品を実用品として使っていたことに驚かされます。当時、実用品として使われていた品物が、現代まで100年以上も残っていることは本当に奇跡的なことです。
 今回、記念展の準備をしていて、私たち戸定歴史館の職員も新しく気づくことがたくさんありました。記念展を見て→戸定邸からお庭を見て→これから春の花が見ごろを迎える公園を散策、という順番で見学すると、今までよりも深く戸定邸を感じていただけるのではないでしょうか。プリンス・トクガワの夢の園、戸定が丘歴史公園をぜひフルコースでお楽しみください。
 ご来館をお待ちしております!

復元工事見学ツアーが開催されました

 平成30年3月3日(土曜)、まだ工事中の庭園内で、復元の様子を見学できるツアーが開催されました。参加者の皆さんは、戸定歴史館長から記念展の展示の説明を一通り受けた後、一足先に新たな庭園からの眺望を楽しみました。

復元工事見学ツアーの様子

表座敷から見えるツツジ

 かつて戸定邸の表座敷からは、アオギリの間から江戸川やその先の景色が見渡せたはずなのですが、最大で樹齢400年を超えると思われる貴重な種類のツツジが植えられていることが判明し、そのまま残されています。

復元された東屋

 茅葺屋根の東屋も、すでに建てられています。天気が良ければここから富士山が見えるそうです。


東屋からの眺め

明治の写真と比較してみよう

 復元工事はまだ続いていますが、現時点(2018年(平成30年)2月時点)の庭園の様子を少しだけお伝えします。記念展の展示室にはこれ以外の貴重な写真もたくさんありますよ。

庭園から戸定邸を望む(左は1898年(明治31年)撮影)

表座敷棟横から庭園を望む(左は1889年(明治22年)撮影)

戸定邸表座敷から西の方角を望む(左は1889年(明治22年)撮影)

関連リンク

戸定歴史館(戸定邸)

旧徳川昭武庭園復元記念展 「いま甦る明治の庭」

旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)が国指定名勝になりました

未来に引き継ぐ宝「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)国名勝指定記念式典」

「まつまど」から明るい話題をお届け

お問い合わせ

生涯学習部 戸定歴史館
千葉県松戸市松戸714番地の1
電話番号:047-362-2050 FAX:047-361-0056

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成29年度の「まつまど」

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る