このページの先頭です
このページの本文へ移動

子どもたちが主役! 松戸モリヒロフェスタ~こどもの王国~が開催されました

更新日:2017年5月11日

平成29年5月5日(金曜・祝日)と6日(土曜)、21世紀の森と広場で「松戸モリヒロフェスタ~こどもの王国~」が開催され、2日間で延べ約2万4,000人もの人で賑わいました。今回はこどもの日から続く2日間ということもあって、豊かな自然の中で子どもたちが遊び・学ぶ空間、見て・聴いて・食べて楽しめるイベントが盛りだくさんでした。

モリヒロフェスタの様子の画像

楽しみながら学ぶ!モリヒロキッズパーク

5日(金曜・祝日)に行われた親子参加型のワークショップ「モリヒロキッズパーク」では、化粧水づくりや鉛筆立て制作・コマ回し・ダンスや空手など全10教室が開催されました。親子で体を動かしたり、作品を作ったりして楽しみながらいろいろなことを体験、学ぶことができました。

親子で楽しむ化粧水作り教室

市内にあるハイム化粧品の研究員の皆さんとオリジナル化粧水作りに挑戦。食品に使われる「アミノ酸」や肌を紫外線などから守り、保湿してくれる「セラミド」、肌のしわやたるみの予防になる「ヒアルロン酸」を、それぞれ好みの分量を入れて化粧水を作りました。参加した女の子は「母の日のプレゼントにする」、孫と参加したおばあちゃんは「私にも分けて」と話していました。

「オリジナル」鉛筆立て制作

子どもたちが好きな大きさの板を3枚えらんで、鉛筆立てをつくりました。板をつなぐための溶接をしてくれた市内にある株式会社スズキ機工の皆さんは「子どもたちにモノづくりの楽しさを知ってもらいたい」という思いからこのイベントに参加。参加した男の子は溶接された鉛筆立てを一生懸命に研磨しながら「帰ったらすぐに、鉛筆を入れたい」と、うれしそうに見せてくれました。

こどもコマ大戦教室

千葉県製造業コマ大戦実行委員会の皆さんと子どもたちがオリジナルのコマを作って、うまくコマを回すコツを学びました。教室に集まった子どもたちでトーナメント戦も行われ、21世紀の森と広場は熱気に包まれました。
全日本製造業コマ大戦は、5年前から町工場の技術をPRする目的で始まり、今では全国大会・世界大会が行われるまでの広がりをみせています。会場には全日本コマ大戦に参戦したコマが展示されました。

まるでミュージカル! モリヒロキッズコンサート

6日(土曜)には「モリヒロキッズコンサート」が行われ、ジョイキッズミュージカルの講師と生徒の皆さんが、会場に爽やかな歌声と音楽を響かせました。代表の山崎義也さんは、「天気予報では雨が心配されていましたが、気持ちよく晴れてくれてよかったです。青空と緑がある最高のステージです」と話してくれました。
コンサートでは、会場の子どもたちも一緒に踊って参加した「ドレミの歌」をはじめ、みんなが知っている曲が次々と響き渡り、まるでミュージカルを見ているようでした。

森のこども館

竹ぽっくりやけん玉など、子どもたちが夢中になれる遊びがたくさんありました。園内の落ち葉を集めて作った落ち葉プールに子どもたちは大喜びでした。

大盛況! 松戸集まるしぇ

松戸産の野菜の販売をはじめ、矢切ネギや松戸白宇宙かぼちゃを使ったコロッケなど、おいしいお店16店舗が大集合。連日、大勢の人で賑わいました。

関連リンク

「まつまど」から明るい話題をお届け

お問い合わせ

街づくり部 公園緑地課 21世紀の森と広場管理事務所

千葉県松戸市千駄堀269番地
電話番号:047-345-8900 FAX:047-348-4522

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2017年度の「まつまど」

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで