このページの先頭です
このページの本文へ移動

伝統の空間で未来を考える「科学と芸術の丘」

更新日:2019年11月21日

のぼり旗が公園にはためいている様子

ホームページの妖精「まつまつ」

今年のテーマは「Citizens of the Future(未来の市民)」。世界で活躍するアーティストが、特別な空間で見せるパフォーマンスを体感することができました。

2019年11月16日(土曜)、17日(日曜)の2日間、戸定が丘歴史公園を舞台に、科学・芸術・自然をつなぐ国際フェスティバル「科学と芸術の丘」が開催されました。

水戸藩最後の藩主だった徳川昭武が松戸の地に建てた戸定邸。戸定邸は、昭武の西洋での見聞も踏まえながら作り上げた庭園に囲まれており、その空間は当時の最先端であったことがうかがえます。
その空間を舞台に、世界で活躍する研究者やアーティストが展示・ワークショップ・パフォーマンスを繰り広げました。

トーク

展示

丘のマルシェ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。科学と芸術の丘 Matsudo International Science Art Festival(外部サイト)

国際フェスティバル・科学と芸術の丘

戸定歴史館(戸定邸)

「まつまど」から明るい話題をお届け

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年度の「まつまど」

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで