このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

商品先物取引にご用心!!

更新日:2018年2月20日

相談事例

 10日ほど前、突然自宅に商品先物取引の勧誘電話があり、金の取引を勧められました。詳しい知識がないので最初は断りましたが、再三電話がかかり、「説明を聞くだけでいいから」と言うので、つい自宅に招いてしまいました。
 4時間近く相場の推移グラフや成功事例を紹介され、「絶対に儲かる」「損はさせない」などと強く言うので契約に応じてしまいました。100万円預けましたが、ある日「相場が下がっていて追加証拠金(追加金)が発生しています。このままでは損をするのであと60万円が必要です」と言われました。やめたいと申し出ても応じてもらえず不安で夜も眠れません。どうしたらいいでしょうか。

解説

 先物取引は株のような現物取引ではなく、将来の一定時期(例えば3ケ月や6ケ月先)の取引価格をあらかじめ決めて契約する取引です。「買い」からも「売り」からも取引を始められます。
 小額の資金(証拠金)でその何倍もの大きな取引ができるため、期待どおりに価格が変動すれば大きな利益が得られますが、予想に反した場合は大きな損失を被ることになります。
 業者が「どのように説明したのか」ではなく、あなたが「どこまで理解したのか」が大切です。知識や情報がないと売ったり買ったりの判断は難しく、業者に言われるままということになりがちです。業者任せでは、業者の誘導に乗せられて、大きな損失を出してしまう恐れがあります。先物取引は仕組みが複雑なので、誰でも簡単にできる取引ではありません。取引の仕組みが理解できないのなら、手を出さないほうが賢明です。

アドバイス

 先物取引の仕組みは複雑かつ難解です。相場は日々刻々と変化しています。このため少ない資金で多額の利益を得る可能性もありますが、逆にわずかな値動きでも総額では大きな損失となる危険性もあり、素人には危険性の高い取引です。
 簡単に儲かるような「おいしい話」はありません
 さまざまな理由をつけて追加証拠金(追加金)を要求してきたり、途中で「やめたい」「手仕舞いしたい」と言っても「今やめると損になる」と、なかなかやめさせてくれない業者もいます。いらないと思ったらハッキリと「いりません!!」と意思表示して断りましょう。

ご相談は松戸市消費生活センターへ

電話:047-365-6565(相談専用)
受付:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)午前8時30分~午後4時
上記以外の時は「188」(消費者ホットライン)へ

消費生活センター

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。消費者庁ホームページ(商品などの先物取引を勧誘されたら)

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課
千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る