このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

「60歳以上の女性の美容医療トラブルが高額化!」-しわ取り注射で1300万円もの請求が…

更新日:2017年5月9日

 近年、全国の消費生活センター等に寄せられた美容医療サービスに関する相談をみると、60歳以上の相談件数は2014年度がピークであるものの、契約購入金額は年々高額化しています。
 自由診療が中心である美容医療では、施術費用は個々のクリニックで自由に設定できます。しかし、注射を数本打たれ1000万円前後の請求を受けた事例が複数みられる等、深刻な高額請求トラブルが60歳以上の女性を中心に発生しています。また、料金が明確な基準に基づいて請求されているのか不明である事例や、施術費用を明確にしないまま施術をされた後で高額請求された事例等、費用に関するトラブルが目立ちます。

相談事例

「事例1」しわ伸ばしのためにクリニックに行ったら即日施術され、約1300万円を請求された

 しわ伸ばしの折り込み広告を見てカウンセリングの予約をし、クリニックに行った。
 今日はカウンセリングだけ受けに来たと言っているのに「1時間で終わる」と言って帰そうとしない。
 お金も何も持ってきていないと言っても「30分で済むから」と言って処置室に誘導された。処置室には医師がおり、「痛みが少し残るかもしれない」などと説明された後に同意書を書かされたようだが、頭が真っ白になり何を言われているのか分からなかった。
 30分くらいの施術で注射を4本打たれた。「お金は一つの銀行から振り込むといろいろ言われる可能性があるので四つくらいの銀行に分けて振り込むように」と言われたが、消費税込みで約1300万円も請求されているとは気付かず、100万円くらいだと思い、高いなと気にしながら家に帰った。
 家に帰って書類をよく見ると金額にびっくりして夜も眠れない。夫にも子供にも相談できないで、近くに住んでいる弟の嫁に相談したら消費生活センターに電話してくれた。払わなければならないだろうか。(70歳代、女性)

「事例2」クリニックでリフトアップの注射をした。一部支払ったが、効果の説明や高額な請求に納得がいかない

 目の下のたるみが気になっていた。インターネット等で調べると「切開」するしか方法がないようだった。
 その頃、新聞の折り込み広告を見て「目の下のたるみを切らないでスッキリさせる」とあったので、電話をしたが「診断しないと分からない」と言われたため、予約をし、病院に出向いた。クリニックで女性スタッフからカウンセリングを受け、「リフトアップ注射をすれば治る。私もやっている。注射なので今すぐできる」と言われた。
 100万円位かと思っていたが、「800万円なら20年もつ」と言われたため「そんなに払えない」と言うと、「安いと長持ちしない。量も違う」と言われたが、100万円単位で下がっていき、約400万円になり「半額以下だから安い」と言われ、そうなのかと思い承諾した。
 別室で白衣の男性が左右の目の下にリフトアップの注射をした。「5年から6年間はもつ。この注射は芸能人もやっている」と言われたが、成分の説明はなく、具体的な効果の証明写真等もなかった。 申込金として3万円支払ったが、自宅に帰り冷静に考えると、高額で効果もないように感じた。請求に納得がいかない。(70歳代、女性)

相談事例からみる問題点

  1. きっかけは「折り込み広告」
  2. 医師でないクリニックのスタッフが医療行為をしている可能性も
  3. 効果を強調するが、根拠は不明確、即日施術を迫るケースも
  4. 料金体系が不透明、支払える金額によって料金が変わる
  5. 苦情が申し立てにくい、「異議申し立てしない」という誓約書に署名させられている

消費者へのアドバイス

  • リスクなく簡単にきれいになれるとうたう広告を鵜呑みにしないようにしましょう。
  • 医師の担当する範囲や施術の流れを十分に確認しましょう。
  • 想定した金額より高額な料金を提示された場合には、契約しないことを伝えましょう。特に希望しない即日施術ははっきり断りましょう。
  • やむなく高額な契約をしてトラブルとなった場合等には、消費生活センターに相談しましょう。

ご相談は消費生活センターへ

電話:047-365-6565(相談専用)
受付:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前8時30分から午後4時

消費生活センター

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国民生活センターリンク(別ウインドで開きます)

美容医療などの施術を受ける前に確認したいこと

その広告は大丈夫!?メリットばかり強調する広告にご注意を!!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課
千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

悪質商法にご注意ください

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る