このページの先頭です
このページの本文へ移動

安売りにつられて通ったら・・・高額な健康食品を売りつけられた

更新日:2018年2月7日

相談事例

 近所の空き店舗に新しく入った店では、食品等が安く売られており、健康について説明もしてくれるので、毎日のように通っていた。数日前、血管の話を聞いた後、薬を飲むより血管がきれいになるという健康食品を「今日が締め切り」などと勧められ、断り切れずに購入した。代金は約13万円は高額すぎる。クーリング・オフしたい。(80代 女性)

ひとこと助言

  • 無料や安価で販売される食品や日用品を目当てに、空き店舗等を利用した会場に通っていたところ、高額な健康食品等を勧められたいう相談が寄せられています。
  • 通い続けて顔見知りになり、言葉巧みに勧誘を受けると、断り切れなくなる場合があります。安易にそのような場に行かないことが大切です。
  • 会場に足を運んでしまった場合は、勧誘されても必要がなければ、その場できっぱり断りましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。見守り新鮮情報(独立行政法人国民生活センター)

ご相談は消費生活センターへ

電話:047-365-6565(相談専用)
受付:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後4時(祝日・年末年始を除く)
上記以外の時は「188」へ

消費生活センター

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

本文ここまで

サブナビゲーションここから

悪質商法にご注意ください

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで