このページの先頭です
このページの本文へ移動

Here comes Ha! May 2020 Issue

更新日:2020年6月18日

Tieng Viet

Here Comes the CIR!

Hey Ha, what do you think about this? What do people in Vietnam do in this or that situation? Ever since I started working here, I have heard many questions like this. At first I came across these questions in simple conversations with my coworkers, but later on I found myself expressing my thoughts in training seminars and meetings aimed at city workers.

Recently, I’ve even made a speech titled “Matsudo Through My Eyes” for members of a citizens group in Koganehara. It was a valuable opportunity for me to better understand and discuss my own culture and home country’s history with Matsudo citizens, heart-to-heart. If you are interested in learning more about the culture, education, history, or any other aspect of my or CIR Javi’s country or life/work in Matsudo, please let us know; we would be happy to help you out!

To apply for a CIR Seminar please contact the Culture, Tourism, and International Division using the number below. After the coronavirus situation has gotten better, I look forward to talking with you. Until then, please take care of yourselves!

令和2年5月15日号: この頃は、ハッ!

国際交流員(CIR)がゆく!

ha_koganehara
小金原市民センターで、松戸の魅力について発表しました。


「ハーさん、これについてどう思いますか?」「ベトナムではみんなどうしますか?」CIRとして働き始めてからこうした質問をよくされるようになりました。最初は、同僚とのちょっとした会話だと思っていましたが、職員向けの研修や会議などで自分の考えを丁寧に伝えるようになっていることに気づきました。

先日、小金原の市民の方の前で「私から見た松戸」について発表をさせていただきました。外国籍市民の観点から自分の意見を述べることは、私にとって母国の文化や歴史を改めて理解する貴重な機会となり、また、市民の方と率直に話をするきっかけにもなりました。もし、皆さんが私たちの母国の文化、教育、歴史、あるいはCIRの生活や仕事での経験など、国際交流や異文化理解に興味があれば、喜んでお手伝いしたいです。

詳しくは「松戸市国際交流員講座」というキーワードで検索、もしくは文化観光国際課までご連絡ください。新型コロナウイルスが収まる近い将来に皆さんと楽しいお話をすることを楽しみにしています。会える日までどうぞくれぐれもご自愛ください!


Click to see the full catalogue of Ha's columns コラムの一覧へ

Return to 'CIR print media and radio’ 「活字メディアと地域ラジオでのCIR」へ戻る

お問い合わせ

経済振興部 にぎわい創造課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで