このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て
  3. まつどDE子育て
  4. イベント
  5. 市主催の講座・イベント
  6. 中高生と赤ちゃんのふれあい体験について

中高生と赤ちゃんのふれあい体験について

更新日:2020年4月22日

 松戸市では中高生が命の大切さを学び、将来親になるための準備として、小さな赤ちゃんと触れ合う『プレママ・パパ体験』を市内の中学校・高校と協力して実施しています。

令和2年度の予定について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、例年6月に実施をしております千葉県立松戸向陽高校でのふれあい体験は延期いたしました。実施時期は現在未定です。
また、例年秋に実施しております中学校・高校についても、日程等は現在未定です。

体験の概要

市内の中学校や高校に、生後1才半までの乳児の親子を招いて中高生が赤ちゃんとふれあう体験をします。市内の子育て支援拠点(おやこDE広場、子育て支援センター)と連携して実施しています。
赤ちゃんの保護者から、妊娠中の様子や子育ての楽しさ、大変さを聞くことで、中高生に家族を持つことのすばらしさ、命の大切さを感じてもらうとともに、将来の児童虐待の防止にもつなげます。
主な体験内容としては、赤ちゃんとのふれあい、母親や父親から妊娠中の様子について母子手帳やエコー写真を見ながら話を聞いたりします。
体験は、1グループ約7~8名の児童生徒と3~4組の親子が輪になり、座って行います。コーディネーターとして専門スタッフが必ずグループに入り、体験をサポートします。
専門スタッフが入ることで、赤ちゃんと保護者のサポートや、生徒からの質問を促したり、抱っこなどのふれあいを安全に行うことができたりとより充実した体験となるようサポートを行っています。

参加者の主な感想

生徒より

  • 抱っこした時に笑ってくれてすごく嬉しくなりました。
  • 将来自分に子どもができたら、参加してくれたお母さんのように、子どもに対してたくさん愛をそそぎたいと思いました。
  • 私が小さい時も、両親が同じ事をしてくれていたことを忘れずにいたいと思います。
  • 今まで産みたくないと思っていたけど、子どもが母親一番な所や、無邪気な姿を見て、自分の子どもを育てたいと思った。

保護者より

  • とても素直でやさしい生徒さんたちでした。世の高校生を見る目がかわりました。
  • 息子のいつもと違う顔が見られたし、日中は2人で過ごすことが多いので楽しかったです。
  • かわいいと言ってもらえると 子育ての疲れも吹き飛んで嬉しくて頑張ろうと思えました。

令和2年度地域少子化対策重点推進事業について

本事業は令和2年度地域少子化対策重点推進事業となっています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

子ども部 子どもわかもの課

千葉県松戸市竹ヶ花74番地の3 中央保健福祉センター内
電話番号:047-366-7464 FAX:047-366-7473

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市主催の講座・イベント

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て

松戸市役所

千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表) 
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る