このページの先頭です
このページの本文へ移動

2020東京オリンピック・パラリンピックに向けてパラリンピアン(陸上・走り幅跳び)佐藤 真海さんをお迎えし、トークショーを開催します(終了しました)

更新日:2018年4月12日

佐藤真海さんトークショー【要申込】

イベント概要

東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の、IOC(国際オリンピック委員会)最終プレゼンテーションで、プレゼンターとして大会招致に活躍された佐藤真海さんをお招きし、トークショーを開催します。大学生時代に骨肉腫を発症、右足膝下を切断し義足の生活になるも、スポーツを再開し、走幅跳でアテネ・北京・ロンドンと3大会連続パラリンピック出場を果たした佐藤さんに、2020年東京大会に向けて、夢や希望を持つことの大切さについてお話をうかがいます。


パラリンピアン(陸上・走り幅跳び)佐藤真海さん

イベント名

佐藤真海さんトークショー 

日時

11月29日(日曜)14時から(開場13時30分)

会場

聖徳大学 7号館 7301教室 

テーマ

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた みんなへのメッセージ 

定員

500名(応募多数の場合は抽選となります。抽選の場合、児童・学生が優先です)

参加費

無料(要申込み)

申込み方法

はがき、メールで11月9日(月曜)必着。
1通で5名まで申込みできます。全員の氏名(ふりがな)、年齢、代表者の住所、電話番号を記入。車いす使用の方は明示下さい。(参加者には参加票を郵送します。)

申し込み先

問合せ

政策推進課
電話:047-366-7072

佐藤真海さんプロフィール

佐藤真海(さとうまみ)

  • 1982年3月12日生まれ。宮城県気仙沼市出身。
  • パラリンピアン(陸上・走り幅跳び)/日本パラリンピアンズ協会 理事

早稲田大学入学とともに、入部した応援部チアリーダーズで活躍していた2001年の冬、骨肉腫を発症。2002年4月に右足膝下を切断し、義足の生活に。治療とリハビリを経て、2003年1月からスポーツを再開。走り幅跳びでアテネパラリンピックに出場し、9位となった。その後、2006年のワールドカップでは銅メダルを獲得するなど実績を積み、北京パラリンピックにも連続出場。6位に入賞した。2012年ロンドンパラリンピックでは4m70と大きく記録を伸ばしての9位。現在も、仕事をしながら、次のパラリンピックに向けて挑戦を続けている。

主な経歴

  • 2000年:仙台育英学園高校卒業。早稲田大学商学部入学
  • 2004年:早稲田大学商学部卒業。サントリー株式会社(現サントリーホールディングス株式会社)入社。
  • アテネパラリンピック 9位(3メートル95)
  • 2005年:パラリンピック ワールドカップ(英国) 4位(4メートル14)
  • 2006年:パラリンピック ワールドカップ(英国) 銅メダル(4メートル11)
  • 2007年:パラリンピック ワールドカップ(英国) 4位(3メートル75)
  • 2008年:九州チャレンジ陸上競技大会(熊本)にて走り幅跳びの日本記録更新(4メートル46) 北京パラリンピック 6位(4メートル28)
  • 2012年3月:早稲田大学大学院スポーツ科学研究科トップスポーツビジネスコース (社会人コース)修了。ロンドンパラリンピック 9位(4メートル70)
  • 2013年4月:ブラジルオープン 5メートル02(日本記録) IPC世界選手権大会(フランスリヨン) 3位 銅メダル 4メートル70
  • 現在:サントリーホールディングス株式会社CSR推進部所属

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

総合政策部 東京オリンピック・パラリンピック推進課

千葉県松戸市根本387番地の5 別館4階
電話番号:047-710-3081 FAX:047-366-7711

本文ここまで

サブナビゲーションここから

イベント・トピックス

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで