このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

松戸市2016リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック候補選手壮行会及び講演会を開催します

更新日:2018年4月12日

松戸市2016リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック候補選手壮行会及び講演会を開催します

松戸市にゆかりのある出場候補選手を、多くの市民や競技関係者で激励するとともに、盛大にお祝いするため、壮行会を開催します。

また、当日のプログラム第2部として室伏由佳さん(陸上競技・ハンマー投アテネ五輪代表/円盤投・ハンマー投 日本記録保持者)を講師に迎えた講演会を開催します。

当日は、流通経済大学新松戸キャンパスの学園祭「青春祭」2日目にあたり、市と大学が連携してイベントを共催します。多くの市民や競技関係者の参加をお待ちしています。

選手壮行会・講演会概要

1 日時

平成28年6月12日(日曜)午前10時30分から12時30分(開場10時)

2 会場

流通経済大学 新松戸キャンパス 講堂(定員700名)
(松戸市新松戸3-2-1)

3 主催

松戸市・流通経済大学 共催
※当日は流通経済大学新松戸キャンパスの学園祭「青春祭」2日目の行事として大学と連携して実施

第1部 壮行会

松戸市にゆかりのある選手や、新松戸にキャンパスを置く流通経済大学の代表選手の大会出場を、多くの市民や競技関係者で激励するとともに、盛大にお祝いします。
※選手が欠席の場合は、競技関係者、または家族等を招待します。

第2部 講演会

(1)講師

室伏由佳さん

  • 陸上競技ハンマー投 アテネ五輪代表/円盤投・ハンマー投 日本記録保持者
  • 明治国際医療大学(前明治鍼灸大学)客員教授

(2)講演テーマ

「(仮題)2020年に向けたスポーツとアスリートが果たす役割」

(3)講師プロフィール

12歳から陸上競技をはじめる。15歳から円盤投げを初め、1999年、22歳で日本記録を樹立。女子ハンマー投げが2000年シドーオリンピック正式種目となったことから、同年よりハンマー投げでもオリンピックを目指した挑戦が始まる。2004年アテネ五輪ハンマー投代表に選出。その後、世界選手権2005年ハンマー投代表、2007年円盤投代表になり2種目で世界大会出場。2010年33才には初のアジア大会ハンマー投げ銅メダルを獲得。2005年からは原因が特定できない慢性腰痛症に苦しみ、度々歩行困難に。現役終盤になり脊柱管狭窄症が認められ、2012年ロンドン五輪出場チャレンジ後に手術、そして引退へ。2009年には子宮内膜症の手術も経験し、女性とスポーツの環境についても婦人科専門医とともに啓蒙活動を行っている。
怪我と病気を抱えながらも選手として挑戦し続けた経験から、「スポーツを通し身体を考える」「腰痛との上手な付き合い方」などをテーマに講演やセミナーなども積極的に行っている。
コーチである父の室伏重信は男子ハンマー投げ日本歴代2位(前日本記録保持者)、兄は2004年アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダルの室伏広治。

チラシのダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 東京オリンピック・パラリンピック推進課
千葉県松戸市根本387番地の5 別館4階
電話番号:047-710-3081 FAX:047-366-7711

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

イベント・トピックス

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る