このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

シンポジウム【~ライフスタイル・ワークスタイルの変化と新しいまちづくり~】を開催しました

更新日:2019年6月14日

将来に向けて多様に変化していくワークスタイルやライフスタイルを受け止め、市民や訪れる人のニーズに応えられる新しいまちづくりについて、松戸駅近傍の新拠点ゾーンの空間づくりや、市民にとって利用しやすい安心・安全な市庁舎のあり方など、広く市民の皆様と方向性を共有し、市民参加での検討を進めていきたいと考え、有識者を招きシンポジウムを開催しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

シンポジウム参加人数:211人

基調講演


ライフスタイル・ワークスタイルの変化と新しいまちづくり<横張 真 氏>

松戸市説明(新しいライフスタイル・ワークスタイルを支える行政の役割)


新拠点ゾーンをランドマークに<新拠点整備課長>


これからの市役所のあり方<財産活用課長>

パネルディスカッション


左から<横張 真 氏、西村 幸夫 氏、宮城 俊作 氏、秋田 典子 氏>

シンポジウム概要

日時:令和元年5月11日(土曜) 14時から17時(13時30分受付)
場所:松戸市民劇場ホール ※案内図はこちら
定員:先着250人
参加費:無料
その他:当日は、手話通訳と要約筆記による情報保障の対応を行いました。

プログラム

基調講演

講師:横張 真 氏<東京大学大学院工学系研究科教授・松戸駅周辺まちづくり委員会委員長>
テーマ:ライフスタイル・ワークスタイルの変化と新しいまちづくり

松戸市説明

テーマ:新しいライフスタイル・ワークスタイルを支える行政の役割
(1)新拠点ゾーンをランドマークに
(2)これからの市役所のあり方

パネルディスカッション

コーディネーター:横張 真 氏
パネリスト:西村 幸夫 氏<神戸芸術工科大学教授>、宮城 俊作 氏<東京大学大学院教授>、秋田 典子 氏<千葉大学大学院准教授>

配布資料

※当日は2アップの両面印刷で配布

開催結果

※自由記載欄を除く

参考リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

街づくり部 街づくり課
千葉県松戸市竹ケ花136番地の2
電話番号:047-366-7376 FAX:047-382-5808

本文ここまで

サブナビゲーションここから

都市整備

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る