このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市立総合医療センター Matsudo City General Hospital
サイトメニューここまで

本文ここから

麻疹との接触後の健康観察の終了について

更新日:2019年10月10日

病院からのお知らせ

経過について

2019年10月4日に当ホームページで麻疹が発生したと公開しました。
当初、当該患者さんについて麻疹と診断していました。適切な治療に結びつけるため詳細な検査を継続していましたが、判明した検査結果から麻疹ではないと診断しました。
このため、10月9日16時に麻疹発生届を取り下げました。このことから、10月9日をもって健康観察は終了としました。

これまでの対応についての説明

麻疹は極めて感染力が強いことから、感染症法において「医師は臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から麻疹が疑われ、かつ届出に必要な要件を満たすと診断した場合には、保健所に届けること」とされています。当該患者さんは、この規定に合致したため麻疹発生届を提出しました。
松戸保健所と協力し、院内で接触した可能性のある皆様に、健康観察をお願いすることで、地域拡大を防止しておりました。
健康観察をお願いしていた皆様には、ご協力いただきありがとうございました。

今後とも麻疹対策へのご理解とご協力をお願いいたします。

以下は10月4日時点の情報

当センターを受診された方で、麻疹が発生しましたので、対応状況についてお知らせいたします。

受診状況

2019年9月27日(金曜) 午前11時頃から午後1時頃、当センターの外来を受診されました。

現在の対応とお願い

9月27日の午前11時から午後3時頃までの間に、当センター1階を通行された方は、接触者である可能性があります。10月7日以降17日頃までに発熱・咳・発疹など麻疹が疑われる症状が出た場合は、当センターまたはご自身のかかりつけの医療機関に、必ず事前に電話連絡をし、受診するようお願いいたします。

今後の対応

感染拡大防止のために、松戸保健所と連携し対策を講じてまいります。
ご心配をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。
なお、内容に変更が生じた場合は、改めて掲示いたします。

麻疹とは

麻疹に感染すると、通常10日から12日(最長で21日)の潜伏期の後に発熱や咳、鼻汁といった風邪のような症状が現れます。2日から3日熱が続き、一旦解熱した後高熱と発疹が出現します。
感染力は非常に強いですが、発症予防には麻疹ワクチンを含む予防接種(MRワクチン等)の2回接種が有効です。2回の接種歴がある方は、発症の可能性はほとんどありません。

関連リンク

麻しん(はしか)患者の発生状況

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。麻しん(はしか)の発生について(令和元年10月3日)(外部リンク:千葉県ホームページ)

お問い合わせ

松戸市立総合医療センター院内感染対策室 
千葉県松戸市千駄堀993番地の1
電話番号:047-712-2511 FAX:047-712-2512

本文ここまで

サブナビゲーションここから

病院からのお知らせ

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市立総合医療センター

〒270-2296 千葉県松戸市千駄堀993番地の1 電話:047-712-2511(代表)FAX:047-712-2512(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る