このページの先頭です
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市立総合医療センター Matsudo City General Hospital

〒270-2296 千葉県松戸市千駄堀993番地の1

電話:047-712-2511

FAX:047-712-2512


病院長からのご挨拶

更新日:2021年4月1日

「 松戸を中心とした医療圏の基幹病院として重責を果たします」

 
 令和3年4月烏谷博英前院長を引き継ぎ松戸市立総合医療センターの病院長を拝命いたしました尾形 章と申します。私は平成5年4月に千葉大学医学部臓器制御外科(旧第一外科)より当院へ赴任し、消化器疾患(特に肝胆膵)を中心に外科診療をして参りました。当院に赴任し28年が経ち、その間に医療を取り巻く環境は大きく変わりました。
 前身の松戸市立病院は昭和42年に上本郷の地に移転して以来、地域医療の貢献に努めて参りました。ただ設備は老朽化し耐震性の問題もあり建て替えが必要でしたが問題は迷走しました。多くの方の協力があって平成29年12月27日千駄堀に新病院を建設し名称も松戸市立総合医療センターと変え開院となりました。
 新病院の中で患者さんの療養環境は改善したと思いますが、問題は高度な医療を継続的に提供するためにどのような努力が必要かということだと思います。新しい医療にも取り組くんでいきたいと思います。
 病院の機能分化が進む中で当院が東葛北部の基幹病院として、また松戸市立の病院であることを職員すべてが自覚し患者さん本位の医療を推進すべきと考えております。当院は数々の機能を有する病院です。地域災害拠点病医院、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、救命救急センターなどで、これほどの機能を有する病院は千葉県においても数少ない病院の一つです。これらの機能は対応する医師たけでなく多くの医療スタッフの協力がなければ成り立ちません。
 今後は働き方改革というものがあり、医師がたくさん働くことを咎められる傾向があります。これは患者さんには理解していただけないかもしれませんが、先進国において日本は人口比で医師の数が極端に少ない。そんな中で医師に働くなというのは難しいことを国はいうものだなと思いますが、これをクリアする方法は多職種がレベルアップしていくしかないと考えます。
 当院の基本理念にすべての人に「来てよかった」と思われる病院を目指しますとある。患者さんのみならず職員も同じ気持ちで仕事ができるように病院全体で努力していきたいと思いますのでご支援のほどよろしくお願いいたします。

 
 令和3年4月
 病院長 尾形 章

お問い合わせ

松戸市立総合医療センター

千葉県松戸市千駄堀993番地の1
電話番号:047-712-2511 FAX:047-712-2512

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

よくある質問FAQ

サブナビゲーションここまで