このページの先頭です
このページの本文へ移動

海外に出国(転出)する場合、市民税・県民税はどうなりますか?

更新日:2018年10月17日

市民税・県民税は、その年の1月1日(賦課期日)現在に住所がある市区町村で課税されます。
海外赴任や海外留学などで出国(転出)し、賦課期日をまたいで、1年以上海外で居住する場合は、日本国内に住所を有しないものとして課税されません。
ただし、出国の期間や目的、出国中の居住の状況などから国内に住所があると判断された場合は、出国中だとしても海外に転出する前の市区町村に住所があるものとみなされ、課税されます。
なお、海外に転出することにより納税等に支障をきたす場合は、納税管理人を指定していただく必要がありますので、下記ページを参考に手続きをお願いいたします。

納税管理人について

注意:ワーキング・ホリデーで海外へ転出した場合、その期間中の滞在は「居住」ではなく、「観光」としてみなされます。そのため、1年以上海外に滞在したとしても出国前の市区町村に住所があるものとして課税されます。

お問い合わせ

財務部 市民税課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館2階
電話番号:047-366-7322 FAX:047-365-9416

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで