このページの先頭です
このページの本文へ移動

普通徴収・特別徴収って?

更新日:2015年11月24日

質問

普通徴収・特別徴収って?

回答

 普通徴収とは、納付書や口座振替等で、年4回(6月・8月・10月・12月)で納める方法をいい、市民税・県民税は通常この普通徴収の方法で納めます。特別徴収とは、特別徴収義務者(会社や年金保険者)が市民税・県民税を給与や年金から引き落とし、本人に代わって納める方法です。普通徴収とは違い、給与の場合は6月~翌年5月の12回、年金の場合は4月~翌年2月の6回で納めます。
 支払方法によって、1回で納める額に差があるため退職などで特別徴収ができなくなった後に高額の納付書が来た、という問い合わせが多く寄せられますが、納期の違いによるものであり、年税額に変更が生じたものではありません。

関連ページ

個人市民税・県民税の納税の方法

お問い合わせ

財務部 市民税課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館2階
電話番号:047-366-7322 FAX:047-365-9416

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

このページを見ている人はこんなページも見ています

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで