このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
健康医療都市まつど Medical city Matsudo
  • 健康医療都市まつど
  • 医療機関マップ
  • 病院・診療所紹介
  • 医療講演会
  • 健康づくり・健康教育
  • 救急医療・災害医療
サイトメニューここまで

骨粗しょう症検診(集団)

更新日:2020年8月4日

骨粗しょう症検診の申込み再開のお知らせ(2020年8月1日現在)

骨粗しょう症の検診の申し込みを7月1日より再開しています。
※集団がん検診再開時には、安全確保のため人数制限や受付時間の変更など、例年と異なる方法で実施します。希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。

骨粗しょう症とは?

骨粗しょう症とは、骨の中身が鬆(ス)が入ったようにスカスカになってしまう病気です。
骨粗しょう症になると転んだだけでも骨折してしまうことがあり、高齢者になると寝たきりなど介護が必要な状態になることが少なくありません。

対象者

35・40・45・50・55・60・65・70歳の女性の方(令和3年3月31日時点の年齢)

  • 35歳(昭和60年4月1日から昭和61年3月31日生まれ)
  • 40歳(昭和55年4月1日から昭和56年3月31日生まれ)
  • 45歳(昭和50年4月1日から昭和51年3月31日生まれ)
  • 50歳(昭和45年4月1日から昭和46年3月31日生まれ)
  • 55歳(昭和40年4月1日から昭和41年3月31日生まれ)
  • 60歳(昭和35年4月1日から昭和36年3月31日生まれ)
  • 65歳(昭和30年4月1日から昭和31年3月31日生まれ)
  • 70歳(昭和25年4月1日から昭和26年3月31日生まれ)

※松戸市に住民登録をされていて、かつ健康診査・がん検診の登録をされている方が対象です。
受診の際には、「松戸市健康診査共通受診券(きみどり色)」または「特定健康診査等受診券(きみどり色)」の提示が必要です。
※X線検査のため、妊娠中の方、妊娠している可能性のある方は受診できません。
※骨粗しょう症で治療中の方は受診できません。

検査項目

問診・DIP法(手のX線検査)

費用

500円

結果通知方法

約6週間後に結果を郵送

費用免除対象者

  • 千葉県後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方
  • 生活保護世帯の方 ※受診時に「生活保護緊急(夜間・休日)受診証」を提示
  • 市民税非課税世帯の方

    ※市民税非課税世帯とは夫婦、親子、兄弟姉妹等住民票を同一にしている家族全員が非課税であることが免除規定となっています。(住民票を同一にする世帯員全員が、市民税の均等割も所得割も課税されていない世帯をいいます。)

実施日・実施会場・申込期間・日程通知時期

申込期間日程通知時期実施日実施会場

令和2年7月1日(水曜)から8月31日(月曜)まで
※ちば電子申請サービスでの申請も7月1日(水曜)から受付可

令和2年9月上旬10月9日(金曜)小金保健福祉センター
10月20日(火曜)中央保健福祉センター
10月26日(月曜)常盤平保健福祉センター

令和2年11月30日(月曜)まで

令和2年12月中旬令和3年1月23日(土曜)中央保健福祉センター

申込み方法

  1. 健康推進課に電話(047-366-7487)で申込み (土日・祝日を除く)
  2. 市役所または各支所内の市民健康相談室で申込み (土日・祝日を除く)
  3. ちば電子申請システムで申込み

※対象年齢外の方は申込みをしても受診できません。
※申込み期間以外の場合は申込みが無効になります。
※申込み多数の場合、ご希望に添えないことがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ちば電子申請システムで申込みの手続きをする方はこちら

検診会場

中央・常盤平・小金保健福祉センター

関連リンク

健康診査・がん検診の登録

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課

千葉県松戸市竹ヶ花74番地の3 中央保健福祉センター内
電話番号:047-366-7485 FAX:047-363-9766

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表)
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る