このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

特定不妊治療費助成を行います

更新日:2021年6月17日

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)について、治療費の一部を助成します。

助成制度の拡充について(令和3年1月1日以降に終了した治療分)

令和3年1月1日以降に終了した治療分から、特定不妊治療費助成事業の制度が拡充されます。

「千葉県特定不妊治療費助成事業」において所得制限が撤廃されます

松戸市に申請する前に、千葉県(松戸健康福祉センター)への申請を先に行ってください。
申請方法等の詳細については、千葉県ホームページをご覧ください。
千葉県特定不妊治療費助成事業の交付決定後、1年以内に松戸市へ申請してください。

出産等によりこれまでに受けた助成回数をリセットすることができます

特定不妊治療費助成事業の助成を受けた後、出産に至った場合(妊娠12週以降の死産に至った場合も含む)、それまでに受けた助成回数をリセットすることができます。

事実婚関係にある夫婦も助成の対象となります

助成の対象となる方

次の全ての要件を満たしている方が対象となります。

  1. 千葉県特定不妊治療費助成事業の交付決定を受けていること
  2. 申請日において、本人または配偶者が住民基本台帳法に基づく本市の住民基本台帳に1年以上記載されていること
  3. 申請日において、本人または配偶者に松戸市税の滞納がないこと    

ただし、上記「新型コロナウイルス感染拡大に伴う年齢要件の特例」に該当し、所得要件により県の申請ができない方は県の決定を受けていなくても申請することができます。

助成の内容

助成額

  1. 男性不妊治療分以外
    特定不妊治療に要した治療費から、千葉県特定不妊治療費助成事業による助成額を引いた残りの自己負担額のうち、1回の治療につき75,000円を上限に助成します。
    ただし、治療区分C,Fについては、助成額の上限は37,500円となります。
  2. 男性不妊治療分
    男性不妊治療に要した治療費から、千葉県特定不妊治療費助成事業による助成額を引いた残りの自己負担額のうち、1回の治療につき75,000円を上限に助成します。
    ただし、治療区分Cは対象となりません。


※松戸市より助成を受けた金額については、医療費控除の対象にはなりません。

助成回数について

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢により判断します。

  • 40歳未満:43歳になるまで通算6回まで
  • 40歳以上43歳未満:43歳になるまで通算3回まで
  • 43歳以上:助成なし

(過去に他の自治体から同趣旨の助成を受けた場合も、助成回数に含めます)

※令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳であり、初めて助成を受ける際の治療開始時の年齢が40歳である場合は、6回まで助成を受けることができます。
※出産等により、これまでに受けた助成回数をリセットすることができます。

申請方法について

窓口もしくは郵送で申請を受け付けています。
郵送で申請される方は、「申請に必要な書類等」を確認の上、下記宛先に郵送してください。

郵送先

271-0072 松戸市竹ヶ花74番地の3 中央保健福祉センター1階
子ども家庭相談課 母子保健担当室
※申請書・同意書が印刷ができない場合等は郵送で送付いたしますのでご連絡ください。
(電話番号 047-366-5180)

申請に必要な書類等

全員に共通して必要な書類

  1. 松戸市特定不妊治療費助成金支給申請書(第1号様式)(PDF:166KB)
    ※申請者は、ご夫婦どちらでもかまいません。但し、申請者と口座名義人が異なる場合のみ委任状(PDF:114KB)が必要となります。
    ※「千葉県特定不妊治療費助成承認決定通知書」の枚数分必要になります。
  2. 同意書(住民票・市税の納税状況・婚姻状況等の確認)(第2号様式)(PDF:70KB)
  3. 千葉県に提出する「特定不妊治療受診等証明書」の写し
    ※松戸健康福祉センター(千葉県)へ申請する前に、あらかじめコピーをとり保管しておいてください。
  4. 千葉県より送付された「特定不妊治療費助成承認決定通知書」の写し
  5. 申請者名義の通帳等の写し

場合によって必要となる書類

法律上の婚姻をしている方で、住民票では婚姻関係が確認できない方
  • 戸籍謄本(発行から3か月以内・原本)
事実上の婚姻関係にある方
出産等による助成回数のリセットを希望する方
  • 出産による場合:戸籍謄本(発行から3か月以内)
  • 死産による場合:死産届の写しもしくは母子健康手帳の「出産の状態」の写し
松戸市で納税状況が確認できない方(1月から5月に申請される方で前年の1月1日に松戸市に住民票がない方)
  • 前年1月1日に住民登録のあった市町村で「市税の滞納がないことを証する書類」   
「新型コロナウイルス感染拡大に伴う年齢要件の特例」に該当する方で、所得要件により千葉県への申請ができない方

申請期限

千葉県より送付された「特定不妊治療費助成承認決定通知書」の発行日から1年以内

申請の可否について

  • 申請内容を審査のうえ、助成承認について、決定(または却下)通知書を送付します。
    ※申請してから決定(または却下)通知書の送付まで約1か月かかります。
  • 助成金の口座振込までは申請から約2か月かかります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う年齢要件の特例

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厚生労働省からの通知を受け、時限的に「千葉県特定不妊治療費助成」について助成対象者、助成回数について適用年齢が緩和されます。
松戸市に申請される方においても、千葉県と同様に取り扱いいたします。
年齢要件の特例は令和2年度に限る取扱いでしたが、令和3年度も経過措置として適用されます。

対象者の年齢について

妻の年齢が44歳に到達する日の前日までに開始した治療が助成の対象となります。
ただし、以下の1から3のすべての条件を満たしている場合に限ります。

条件

  1. 令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦
  2. 令和2年度に新型コロナウイルス感染防止の観点から治療を延期
  3. 令和2年4月1日以降に開始した治療

助成回数について

初めて助成を受ける際の治療開始日の妻の年齢が40歳である場合、6回まで助成を受けることができます。
ただし、以下の1から3のすべての条件を満たしている場合に限ります。

条件

  1. 令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦
  2. 令和2年度に新型コロナウイルス感染防止の観点から治療を延期
  3. 令和2年4月1日以降に開始した治療

特定不妊治療費助成事業指定医療機関

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧

厚生労働省ホームページより、全国の指定医療機関一覧を確認できます。

千葉県特定不妊治療費助成事業について

松戸市へ申請する前に、必ず千葉県の助成内容を確認してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉県特定不妊治療費助成事業について

千葉県特定不妊治療費助成事業に関する問い合わせ先

千葉県松戸健康福祉センター(松戸保健所)地域保健課
電話:047-361-2138
※「松戸市特定不妊治療費助成事業」の問い合わせ先とは異なりますのでご注意ください。
松戸市の申請内容に関する「問い合わせ」は、下記にお願いいたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

子ども部 子ども家庭相談課 母子保健担当室

千葉県松戸市竹ヶ花74番地の3 中央保健福祉センター内
電話番号:047-366-5180 FAX:047-366-3923

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て

松戸市役所

千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表) 
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る