このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
健康医療都市まつど Medical city Matsudo
  • 健康医療都市まつど
  • 医療機関マップ
  • 病院・診療所紹介
  • 医療講演会
  • 健康づくり・健康教育
  • 救急医療・災害医療
サイトメニューここまで

身体活動・運動

更新日:2021年2月1日

知っていますか?「ロコモティブシンドローム」

運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム」=ロコモといいます

 ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称:ロコモ)は、筋肉、骨、関節等運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、歩行や日常生活に何らかの支障をきたしている状態をいいます。
 運動器が年齢とともに衰えると、歩行や立ち座り等の日常生活動作が困難になり、要介護や寝たきりを招きます。特に女性や肥満の人はロコモになりやすいことが知られています。

7つの「ロコチェック」

 思い当たることはありますか?まずはチェックしてみよう

  1. 片脚立ちで靴下が履けない
  2. 家の中でつまずいたり滑ったりする
  3. 階段を上るのに手すりが必要である
  4. 横断歩道を青信号で渡り切れない
  5. 15分くらい続けて歩けない
  6. 2キログラム程度(1リットルの牛乳パック2個程度)の買い物で持ち帰りが困難
  7. 家のやや重い仕事(掃除機の使用や布団の上げ下ろし)が困難

 7つの項目はすべて、骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサイン。
1つでも当てはまれば、ロコモの心配があります。

掃除機をかける人

「子どもロコモ」が増えています

 最近は生活が便利になり、体を使って遊ぶことが少なくなりました。また小さい頃からスマホやゲームで遊ぶ子どもが増えています。
その結果、「身体がかたい」「バランスが悪い」「反射神経がよくない」といった、基本的な動きが苦手な「子どもロコモ」が増加しています。
 ロコモ予防には、生活習慣が大切。「子どもロコモ」の予防に向け、親子で身体を動かす習慣を作りましょう。

サッカーする親子

フレイル・サルコペニアに、ご用心!

フレイル・サルコペニアを防いで健康寿命を延ばそう

フレイルとは

 フレイルとは、英語のfrailty(虚弱や老衰)からとった造語で、健常から要介護へ移行する中間の段階と言われています。
具体的には、加齢に伴い筋力が衰え、疲れやすくなり家に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねたことで生じやすい衰え全般を指しています。

ロコモとフレイルの関係は?

 ロコモはフレイルよりも人生の早い時期から現れます。ロコモが進行し、身体能力の低下が自覚症状を伴って顕著になったものが身体的フレイルです。

フレイルを予防するために・・・

まつどDEいきいき高齢者 松戸市フレイル予防事業

サルコペニアとは

 ギリシャ語でサルコは「筋肉」、ペニアは「減少」を意味します。それらを組み合わせた造語が「サルコペニア」です。
 サルコペニアは1989年に提唱され、加齢や疾患により筋肉量が減少することで、全身の筋力低下および身体機能が低下している状態のことをいいます。
加齢以外にも、日常生活動作や疾患、栄養状態によっても起こります。

+10(プラステン)で健康寿命をのばそう!

 今より10分身体を多く動かすことで、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモティブシンドローム、うつ、認知症などになるリスクを下げることができます。

毎日を活動的に!こうすれば+10(プラステン)

【地域や家庭で】

  1. 歩いて買い物に行く。遠くにあるスーパーで買い物をする。
  2. 風呂掃除や窓ふき、掃除機掛けなどの家事で身体を動かす。
  3. ウインドウショッピングなどに出かけて、楽しみながら身体を動かす。
  4. 子どもや友人とウォーキングやスポーツをする。
  5. 夕食後にウォーキングをする。

【仕事や通勤で】

  1. 1つ手前の駅やバス停で降りて歩く。
  2. 電車やバスの中では座らない。
  3. 駅やオフィスでは積極的に階段を利用する。
  4. 昼食は少し遠くのお店に行く。
  5. 昼食後は5分でも10分でも外を歩く。

階段を昇る女性

松戸を歩いてみよう!新しい発見があるかも?

ウォーキングの効果

 ウォーキングはいつでもどこでも手軽にできる、有酸素運動です。
習慣的なウォーキングは、身体にとって良い効果がたくさんあります。

  1. 高血圧の改善
  2. 心肺機能の強化
  3. 骨や筋肉の強化
  4. 肥満の解消
  5. 脂質異常症・動脈硬化の改善
  6. 認知機能の改善
  7. 糖尿病の予防・改善
  8. 腰痛の改善
  9. リラックス効果

健康推進員おすすめ!ウォーキングマップ

 松戸市内のウォーキングマップを健康推進員が作成しました。市内の見どころや、名所など、地元ならではの情報が盛り沢山の楽しいマップです。ウォーキングコースの参考にしてください。

健康推進員の活動

問い合わせ先

施設名 電話 FAX 担当地区
小金保健福祉センター 047-346-5601 047-344-3400 小金・小金原・新松戸・馬橋 など
常盤平保健福祉センター 047-384-1333 047-394-5223 常盤平・松飛台・五香・六実・六高台 など
中央保健福祉センター 047-366-7489 047-363-9766 上記以外の地区

保健福祉センターのマップ

関連情報

保健福祉センターのご案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課

千葉県松戸市竹ヶ花74番地の3 中央保健福祉センター内
電話番号:047-366-7485 FAX:047-363-9766

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表)
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る