このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
健康医療都市まつど Medical city Matsudo
  • 健康医療都市まつど
  • 医療機関マップ
  • 病院・診療所紹介
  • 医療講演会
  • 健康づくり・健康教育
  • 救急医療・災害医療
サイトメニューここまで

本文ここから

適切なお酒の飲み方

更新日:2019年10月28日

飲酒量を見直しましょう

楽しい側面もある飲酒ですが、お酒を大量に飲むことは、がんや肝障害、脳萎縮(認知症)の原因になると言われています。また、アルコール依存症に陥ると自分だけでなく、家族にも負担をかけます。心身ともに健康を保ち、上手にお酒と付き合っていくために、飲酒量を見直しましょう。

適正飲酒量とは

1日に平均純アルコール20グラム(ビールなら500ミリリットル、日本酒なら1合)程度
※女性、お酒に弱い体質の人、高齢者はさらに量を控えましょう。
※アルコール依存症者においては適切な支援のもとに完全断酒が必要です
※飲酒習慣のない人に対してこの量の飲酒を推奨するものではありません
<厚生労働省「健康日本21」による飲酒量の指標>

生活習慣病の危険が高まる飲酒量とは

男性の場合1日に平均純アルコール40グラム以上、女性の場合1日に20グラム以上
<厚生労働省「健康日本21」による飲酒量の指標>

多量飲酒量とは

1日に平均純アルコール60グラムを超える飲酒
<厚生労働省「健康日本21」による飲酒量の指標>

適正飲酒の10か条

  1. 談笑し 楽しく飲むのが基本です
  2. 食べながら 適量範囲でゆっくりと
  3. 強い酒 薄めて飲むのがオススメです
  4. つくろうよ 週に二日は休肝日
  5. やめようよ きりなく長い飲み続け
  6. 許さない 他人(ひと)への無理強い・イッキ飲み
  7. アルコール 薬と一緒は危険です
  8. 飲まないで 妊娠中と授乳期は
  9. 飲酒後の 運動・入浴 要注意
  10. 肝臓等 定期検査を忘れずに

出典(社)アルコール健康医学協会

外部リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。健康日本21 アルコール(厚生労働省)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。アルコール健康障害対策(厚生労働省)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。アルコールによる健康障害(eヘルスネット)

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
千葉県松戸市竹ヶ花74番地の3 中央保健福祉センター内
電話番号:047-366-7485 FAX:047-363-9766

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る