このページの先頭です
このページの本文へ移動

Here comes Javi! August 2020 Issue

更新日:2020年8月17日

Here comes Javi! - "Art's All Around"

Look down. Manholes. While they may be standard pieces of city infrastructure, they also serve as metal canvases for beautiful works of art. They’re like murals, but on the floor, so you may have not noticed them before.

Looking back, wherever I’ve gone in Japan, I have been fascinated by the variety of artistic manholes I can find in every city. Matsudo has several manhole designs, such as koalas to commemorate our sister city of Whitehorse, and the Yakiri-no-watashi boat to celebrate our famous tourism honeypot. A few cities in America have also experimented with their manhole designs, but they’re nowhere near as ubiquitous as in Japan.
Look out for manhole covers the next time you go for a walk. Art’s all around!


There is only 1 colored Yakiri-no-watashi manhole in all of Matsudo! Can you find it? (Hint: Look near the Citizen’s Theater.) 松戸市には、色付けした矢切の渡しのマンホールが一つだけあります!探せるでしょうか?(ヒント:市民劇場の周辺を探してみて下さい。)

この頃は、ハ…ビッ!「あっちこっちアート!」

 下を向けば、マンホール。都市インフラとはいえ、美しいアートを表現する金属のキャンバスという役割も兼ねます。地面にありますので、皆様はこのアートに気が付いたことはないかもしれません。
 思い返すと、日本のどの都市に行っても、多様な芸術的なマンホールがあり興味が引かれました。松戸のマンホールはさまざまなデザインがあります。例えば、姉妹都市のホワイトホース市を象徴するコアラのデザインや、有名な観光地の矢切の渡しのデザイン。マンホールでアートを展示する試みがアメリカのいくつかの都市でも展開されていますが、比較にならないほど日本には多くあると思います。
 次回散歩する時は、足元にも目を向けてみて下さい。あっちこっちにアートがありますよ!


A manhole from San Francisco, California, USA, that depicts a gold miner from 19th century California. 19世紀のカリフォルニアの採掘師を描いた、米国のカリフォルニア州サンフランシスコ市にあるマンホール。

Click to see the full catalogue of Javier's columns コラムの一覧へ

Return to 'CIR print media and radio’ 「広報まつどと地域ラジオでのCIR」へ戻る

お問い合わせ

経済振興部 にぎわい創造課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで