このページの先頭です
このページの本文へ移動

貴金属製品の「ホールマーク」をご存知ですか?

更新日:2013年12月20日

独立行政法人 造幣局からのお知らせ

 造幣局では、公的な第三者として、貴金属製品の製造又は販売をしている事業者の方々からの依頼に応じて、貴金属製品の品位試験(分析を行い、製品に含まれる貴金属の純度の割合を調べること)を行い、この試験に合格したものには、次のような証明記号を打刻してその品位を証明しています。
 この証明記号を通称「ホールマーク」といい、一般の方々からの信頼も厚く貴金属製品の取引の安定と消費者保護に貢献しています。

 このマークは任意の制度として設けられています。そのため、市販されている貴金属製品にはマークのないものもあります。しかし、貴金属製品の品位は目で見てわかるものではありません。信頼できるマークがあってこそ、どなたにも判別が可能となるものです。

 ホールマークのデザインは、日本の造幣局の証明であることを示す日本の国旗、日の丸と1000分率で品位(純度)を表すひし形の中の数字と、白金または白金合金を示す「Pt」からなります。例えば、下の写真のような場合には、指輪は純度90%以上の白金製であることを示します。K18、Pt900などの記号は造幣局の証明記号ではありません。K18の場合、造幣局の記号は日本の国旗と金の品位が1000分の750であることを表すひし形に750を組み合わせた記号となります。
 貴金属製品は、信用のあるお店で購入することをおすすめします。
 詳しい説明は、造幣局のホームページをご覧ください。

ホールマークの例の写真(指輪)
▲ホールマークの例

貴金属製品の品位証明区分と証明記号

貴金属製品の品位証明区分と証明記号の表

外部リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。独立行政法人造幣局のホームページ

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報(消費生活)

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで