このページの先頭です
このページの本文へ移動

「墓を引っ越しする」と言ったら、寺から高額な費用を要求された

更新日:2017年8月1日

相談事例

 遠方の寺の檀家となっており、亡くなった両親の遺骨や先祖の位牌がある。遠くまで墓参りに行けないので、遺骨等を近くの合同納骨堂に移したい。寺に問い合わせると「250万円支払うように」と言われた。支払うべきなのか。(70代 女性)

ひとこと助言

  • 墓を撤去し、遺骨を他の寺などの墓に移す際に、高額なお布施(檀家をやめる時に寺にお礼として習慣的に支払う、いわゆる「離檀料」)を要求されたという相談が寄せられています。
  • こういったお布施については明確な基準等がないため、金額に納得がいかない場合は、基本的には寺と話し合うことになります。
  • 墓の引っ越しは勝手にすることが出来ず、一般に墓地管理者である寺から「埋蔵(埋葬)証明書」をもらったうえで自治体に申請し、「改葬許可証」を受け取ることが必要です。
  • また、一般的に墓を移転する際は、墓を撤去し更地にする費用、新たな墓の購入費等が必要となります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。見守り新鮮情報(独立行政法人国民生活センター)

ご相談は消費生活センターへ

電話:047-365-6565(相談専用)
受付:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後4時(祝日・年末年始を除く)

消費生活センター

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報(消費生活)

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで