このページの先頭です
このページの本文へ移動

2021年度の「まつまど」

ラーメン店とベーカリーが数多く出店している街・松戸には全国的な支持を得ている店舗がいくつもあり、関東のみならず他の地方からもたくさんの人々がラーメン・パンを求めて松戸市を訪れています。ラーメン・パンが人気の松戸市は、小麦粉やそば粉、米粉などの穀物が材料に使われている食品、いわゆる“粉もの”の街といっても過言ではないかもしれません。松戸市で長年に渡って事業を展開している製粉メーカーの他、「パン=松戸」のイメージを醸成した先駆者である企業の松戸工場についてご紹介します。

千葉県東葛エリアをホストエリアとして活動している、リーグワンDivision1所属のラグビーフットボールチーム「NECグリーンロケッツ東葛」。
2月6日(日曜)の試合は松戸市のホストタウンDAYとして開催され、松戸市内の小・中学生が招待されたほか、競技場の外では松戸の名産品を販売するなど、訪れたファンに松戸をPRしました。

令和4年1月10日(祝日)に森のホール21で松戸市成人式が午前・午後の二部制で行われました。昨年はオンライン開催でしたが、今年は新型コロナウイルス感染防止対策が取られる中、式典には平成13年(2001年)4月2日から平成14年(2002年)4月1日生まれの新成人3,027人が参加しました。

12月19日(日曜)、東松戸駅近くに支所・図書館・青少年プラザ(中高生の居場所)を併設した複合施設「ひがまつテラス」がオープンし、その前日18日(土曜)に開所式と内覧会が行われました。
公募による人気投票で決定した施設の愛称には、「住民の憩いの場になるテラスのような存在になってほしい」という願いが込められています。

広報まつど令和4年元旦号の表紙の作品は、松戸市内にある光英VERITAS中学校・高等学校書道部のみなさんが制作してくれました。新年を飾るにふさわしいこの作品に込められた思いやメッセージのほか、制作過程を撮影した動画や書き終えたみなさんから伺ったお話しなどをご紹介します。

令和3年12月9日(木曜)に株式会社トゥーコネクトより、空気清浄機(AirdogX5s)110台(デモ機)が松戸市に寄附されました。寄附された空気清浄機は、高齢者施設等の面会場所での換気対策として活用するため、市内の高齢者施設や障害福祉施設へ配布しました。

今年度、活動が制限される中でも一生懸命部活動に打ち込み、2年ぶりに開かれた大会やコンクールで、市内中学校・高校の吹奏楽部・合唱部の生徒たちが素晴らしい演奏を披露してくれました。
そんな活躍の中から、全国大会や東日本大会などに出場した一部の吹奏楽部、合唱部のみなさんにお話をお聞きしました。

2021年11月6日(土曜)に、「音楽のまち松戸」をテーマに森のホール21、21世紀の森と広場でまつど音楽フェスティバルが初開催され、約4,300人の参加がありました。紅葉が美しい青空の下、演奏やワークショップ、キッチンカーの料理に、会場はたくさんの人たちの笑顔で溢れていました。

令和3年9月13日(月曜)株式会社マツモトキヨシホールディングスとロハス・メディカル株式会社より、新型コロナウイルス抗原検査キットを各社200箱、合計400箱が松戸市に寄附されました。寄附された抗原検査キットは、市内の私立幼稚園36園と認定こども園3園の計39園に配布しました。

 令和3年8月20日(金曜)、東京2020オリンピック・レスリング女子フリースタイル50キログラム級で金メダルを獲得した松戸市出身(六実第三小学校卒・六実中学校出身)の須崎 優衣選手が松戸市役所を表敬訪問し、市長から史上8人目となる松戸市民栄誉賞が授与されました。
※須崎優衣選手の「崎」は「たつさき」が正式表記です。

 令和3年8月19日(木曜)松戸市観光梨園組合連合会・松戸市梨研究会の皆さんから、今年も美味しい梨が104箱(約1670個)松戸市に寄附されました。昭和58年から今年で38回目になります。寄附された梨は、市内の福祉施設89箇所に分けられ旬の味を堪能していただきます。

 8月16日(月曜)に行われた第103回全国高校野球選手権大会1回戦、明豊高校(大分県)との試合は6対0で専大松戸高校が勝利しました。松戸市の高校として、春夏通じて甲子園での初勝利です!続く2回戦では、長崎商業高校(長崎県)に2対6で惜しくも敗れましたが、コロナ禍で様々な制限を受ける中、選手とスタンドが一体となった姿は、皆さんにたくさんの勇気と感動を届けてくれました。今後も同校のさらなる活躍に期待しましょう!

 専修大学松戸高等学校野球部が第103回全国高等学校野球選手権千葉大会を制し、170校(157チーム)の頂点に立ちました。創立62年目である同校にとって、春のセンバツに続き連続の甲子園出場となります(夏は6年ぶり2回目)。
 夢の大舞台へとはばたく専修大学松戸高校の球児たちを、皆さんで応援しましょう!

関連リンク

専修大学松戸高校野球部が松戸市を表敬訪問しました

【夏の甲子園2021】専修大学松戸高校野球部のコメントと同校OBのプロ野球選手からの応援メッセージ

専修大学松戸高校が春夏連続で甲子園出場へ!

令和3年7月5日(月曜)に、大河ドラマ「青天を衝け」で徳川昭武を演じる俳優の板垣 さんが、松戸市の 国指定重要文化財 「戸定邸」・国指定名勝「戸定邸庭園」を訪問しました。
戸定邸は、徳川昭武が明治17年に建築し、住まいとしていました。今回、7月3日が徳川昭武の命日であることから、戸定邸への訪問の運びとなりました。

令和3年7月3日(土曜)、千葉県で3日間行われる予定だった東京2020オリンピック聖火リレーの代替イベント「点火セレモニー」の3日目が、松戸中央公園で行われました。
浦安市、船橋市、鎌ケ谷市、柏市、我孫子市、松戸市の6市を走る予定だったランナー82人がトーチキスをつなぎ、最終ランナーで松戸市出身のハッサン・ナワールさんが聖火皿に点火しました。

本文ここまで