このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

Go!Go!本郷谷

 「Go!Go!本郷谷」の記事は、広報まつどの毎月1日号に掲載しています。

075 「まつど」をより暮らしやすいまちに

 「まつど地域活躍塾」が開講しました。市では介護や防災、子育てなど、さまざまな課題が山積していますがこれらの課題を担う、町会・自治会、民生委員、社会福祉協議会、NPOなどの人材が不足しています。こういった地域を担う人材の育成を目指して『地域活躍塾』を開講しました。今回の受講生は34名です。これからのまちづくり、市民一人一人の社会参加が欠かせません。塾生のみなさんに卒業と同時に、地域で先頭に立って活躍していただけるものと期待しています。

 松戸市ではスポーツ選手の活きた言葉や実技を通してスポーツがもたらす勇気や感動を子どもたちに伝える「夢の教室」を実施しています。今年度は公立小学校全45校の5年生125クラスで実施します。行政負担で実施されるクラス数としては全国最多です。7月10日(月曜)に相模台小学校で行われる「夢の教室」では、日本サッカー協会最高顧問・小倉純二氏、サッカー元日本代表・永島昭浩氏をお迎えして実施します。

 国土交通省から自動車の「ご当地ナンバー」の募集についての発表がありました。ご当地ナンバーの導入については、市民の皆さんからも数多くのご要望をいただいておりましたが、今までは『原則として複数の市町村』という条件があり、実現しませんでした。今回の募集では松戸市単独での申し込みが可能であり、市のPRにつながることから「松戸ナンバー」などのご当地ナンバー実現に向け、努力していきたいと思います。ご当地ナンバーが松戸市で導入されれば、平成32年度中より発行される予定です。

 今年3月末に閉場した「北部市場」の跡地利用について、住友商事は、物販・飲食・サービス業種のほかに、シネマコンプレックスを核としたアミューズメント機能、地域住民の健康維持促進のためのフィットネスやクリニックなどを検討しているようです。平成30年度内の着工、31年度内の開業を予定しています。住商グループは『ショッピングセンター大賞・金賞』を受賞したこともあり、どんな商業施設になるのか今から楽しみですね。

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る