このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

Go!Go!本郷谷

 「Go!Go!本郷谷」の記事は、広報まつどの毎月1日号に掲載しています。

074 魅力あるまちづくりに向けて

 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)をご存知ですか?家を建てるときに多くの人が利用する公的金融機関です。この機構が、子育て支援・地域活性化に貢献している地方自治体の市民に対して、特別にフラット35の金利を、当初5年間、0.25%引き下げる制度をスタートさせました。適用されるのは、千葉県内の市町村としては松戸市だけです。これは、子育て支援・地域活性化に積極的な地方公共団体に対して、国土交通省および住宅金融支援機構が政策の後押しをしようとするものです。協定締結式で、松戸市の子育て支援を発表する機会がありましたので、妊娠・出産から子育て期にわたるまで、待機児童対策を中心に英語教育の充実、三世代同居の推進など、松戸市が若い世代にとって子育てしやすいまちであることをPRしてきました。

 話は変わりますが、松戸市では、今年度2つの道路が開通します。

 現在、開通に向けて鋭意工事が進められている外環道。計画から完成までほぼ50年かかりましたが来年の3月末までに完成する予定です。外環道が完成すると、都心までの移動時間が大幅に短縮され、交通の利便性が相当高まります。一方で、工事に伴い、まちが分断されたり、やむなく転居を強いられたり、多くの人の生活に影響を与えもしました。そこで、外環の開通に向けて、市民に親しんでいただこうと、多くのイベントを企画しています。機会があればぜひ参加していただければと思います。

 さらに、6月8日には、都市計画道路3・3・6号線の一部が開通します。今回の開通区間は国道6号二ツ木交差点から八ケ崎さくら通りまでの区間です。この道路の開通によって、さくら通りなど周辺幹線道路の渋滞緩和が期待されますし、12月に開院予定の新病院「松戸市立総合医療センター」へのアクセスも向上します。この道路も計画から完成まで15年かかりました。

 まちづくりには大変時間がかかります。将来に向けて必要なことは今から、頑張っていきたいと思います。

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る