このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市立博物館
感動体験博物館
機織りの画像
  • HOME
  • 利用案内
  • 展示案内
  • 催し物
  • 館内施設
  • 音声読み上げ・文字拡大
サイトメニューここまで

本文ここから

博物館の催し物

*年間の催し物については、「年間行事案内」(左の表示をクリック)をご覧ください。

催し物(体験教室・講座・講演会)の申込先

  • 郵便番号:270-2252
  • 住所:千葉県松戸市千駄堀671番地
  • 電話番号:047-384-8181
  • FAX番号:047-384-8194

体験教室

裂き織りをしてみませんか

  • 平成31年2月6日(水曜)・7日(木曜)・8日(金曜) 
  • 時間:各日9時30分、10時30分、11時30分、13時30分からのいずれか(各50分)
  • 講師: 青木 俊也(当館学芸員)・当館友の会サークル「はたくさの会」有志
  • 対象:一般
  • 内容:古い布を裂いて、新しい布に再生する先人の知恵を体験します。
  • 会場:実習室
  • 定員:各2名、計24名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料
  • 申込:平成31年1月24日(木曜)【必着】までに往復ハガキ(1人1枚)に、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・返信用宛名・希望日(時間は当方で指定します)を記入の上、「裂き織り」係へ。

自分でつくる糸と布-紡ぐ・織る-〈全2回〉

  1. 平成31年2月19日(火曜)9時30分から12時30分または13時30分から16時30分の間の各50分
  2. 平成31年2月21日(木曜)9時30分から15時の間の各50分
  • 講師: 青木 俊也(当館学芸員)・当館友の会サークル「はたくさの会」有志
  • 対象:一般
  • 内容:糸車を使って綿から糸を紡ぎ、高機(たかはた)で織ります。
  • 会場:実習室
  • 定員:8名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料
  • 申込:平成31年2月5日(火曜)【必着】までに往復ハガキ(1人1枚)に、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・返信用宛名・2月19日の希望時間(9時30分または13時30分。2月21日の時間は当方で指定します)を記入の上、「2月19日糸と布」係へ。

学芸員講演会

日付

  • 平成30年10月14日(日曜)「ガンダーラの仏教寺院跡をたずねて」講師 大森 隆志
  • 平成30年10月28日(日曜)「仏教文化の受容-古墳・飛鳥時代-」講師 小林 孝秀
  • 平成30年12月16日(日曜)「ナマハゲとサンタクロース」講師 山田 尚彦
  • 平成31年2月24日(日曜)「幕末の水戸藩と松戸」講師 柏木 一朗

共通事項

  • 時間:各日13時から15時
  • 定員:各80名(当日先着)
  • 費用:無料

講座・講演会

古文書を読む〔近世入門編〕〈全5回〉

  • 平成31年1月5日(土曜)
  • 1月19日(土曜)
  • 2月2日(土曜)
  • 2月16日(土曜)
  • 3月2日(土曜)
  • 時間:各14時から16時
  • 講師: 富澤 達三(当館学芸員)
  • 対象:一般(初心者)
  • 内容:松戸に関わる江戸時代の古文書の基礎を学びます。(初心者対象)
  • 会場:実習室
  • 定員:30名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料
  • 申込:12月20日(木曜)【必着】までに往復ハガキ(1人1枚)に、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・返信用宛名を記入の上、「古文書を読む(入門編)」係へ。※応募は締切りました。

古文書を読む〔近世中級編2〕〈全5回〉

  • 平成31年1月27日(日曜) 
  • 2月10日(日曜)
  • 2月24日(日曜)
  • 3月9日(土曜)
  • 3月23日(土曜)
  • 時間:各14時から16時
  • 講師:出口 宏幸氏(江東区文化財主任調査員)
  • 対象:一般(初心者)
  • 内容:松戸に関わる江戸時代の古文書を解読し、その歴史的背景を解説します。(経験者対象)
  • 会場:実習室
  • 定員:30名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料
  • 申込:平成31年1月10日(木曜)【必着】までに往復ハガキ(1人1枚)に、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・返信用宛名を記入の上、「古文書を読む(中級編2)」係へ。 ※応募は締切りました。

松戸駅前博物館1〔江戸落語を楽しむ会〕

  • 日時:平成31年2月3日(日曜)14時から16時 ※入場は13時45分から 
  • 演者:月の家小圓鏡師匠
  • 対象:一般
  • 内容:昨年、好評を博しました「江戸落語を楽しむ会」を今年も開催致します。本年度は月の家小圓鏡師匠(つきのやこえんきょうししょう)をお招きします。演題は当日までのお楽しみ!当館学芸員による「江戸と落語」講話もあります。
  • 会場:松戸市民劇場ホール(松戸駅西口徒歩約7分位)
  • 定員:200名(申込不要・当日13時45分から先着順)
  • 費用:無料

戦国時代の資料を読む〈全6回〉 ※終了しました。

  1. 平成30年8月29日(水曜)
  2. 9月12日(水曜)
  3. 9月26日(水曜)
  4. 10月10日(水曜)
  5. 10月24日(水曜)
  6. 11月7日(水曜)
  • 時間:各日 18時30分から20時30分
  • 講師:中山 文人(当館学芸員)
  • 対象:一般
  • 内容:貴重な古文書を読み、当時の歴史を体感します。(解説する古文書の多くは平成28・29年度の講座と重複します)
  • 会場:女性センターゆうまつど
  • 定員:30名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料

     


古文書を読む〔近世中級編1〕〈全5回〉 ※終了しました。

  1. 平成30年9月15日(土曜)
  2. 9月29日(土曜)
  3. 10月13日(土曜)
  4. 10月27日(土曜)
  5. 11月10日(土曜) 
  • 時間:各日14時から16時
  • 講師:和泉 清司氏(高崎経済大学名誉教授)
  • 対象:一般(経験者)
  • 内容:松戸に関わる江戸時代の古文書を解読し、その歴史的背景を解説します。
  • 会場:実習室
  • 定員:30名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料

館長講演会「ガンダーラの仏教美術-当館コレクションを中心に-」 ※終了しました。

  • 日時:平成30年9月30日(日曜)13時から15時 
  • 講師 望月 幹夫(当館館長)
  • 対象:一般
  • 内容:当館所蔵のガンダーラ仏教美術コレクションについて、現地調査の話も交えて語ります。
  • 会場:講堂
  • 定員:80名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料

特別展記念講演会「仏像のいないガンダーラ美術」 ※終了しました。

  • 日時:平成30年10月7日(日曜)13時から15時
  • 講師 小泉 惠英氏(九州国立博物館学芸部長)
  • 対象:一般
  • 内容:仏陀を表現しないガンダーラ美術のあり方について考えます。
  • 会場:森のホール21レセプションホール
  • 定員:150名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料

松戸の歴史をさぐる-近現代編3-「幕末維新期の松戸」〈全3回※終了しました。

  1. 平成30年10月28日(日曜)
  2. 11月4日(日曜)
  3. 11月18日(日曜)
  • 時間:各10時から11時30分
  • 講師 柏木 一朗(当館学芸員)
  • 対象:一般
  • 内容:松戸市の近現代に関する出来事をとりあげ解説します。
  • 会場:実習室
  • 定員:30人(事前申込:抽選)
  • 費用:無料

歴史を語る(2)「姿を現した白鳳佛-飛鳥・川原寺裏山遺跡を掘る-」 ※終了しました。

  • 日時:平成30年11月10日(土曜)13時から15時
  • 講師:右島 和夫氏(群馬県立歴史博物館 館長)
  • 対象:一般
  • 内容:大量の■仏(せんぶつ)塑像(そぞう)の出土で注目された飛鳥・川原寺裏山遺跡。当時、発掘調査に関わられた右島和夫氏がその発掘成果をもとに白鳳の仏教文化を紹介します。
    ※■は土へんに専
  • 会場:森のホール21レセプションホール
  • 定員150名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料


日本西アジア考古学会・松戸市立博物館連携講演会 「ガラスが語るシルクロードの東西交流」 ※終了しました。

  • 日時:平成30年11月17日(土曜)13時から15時
  • 講師:小寺 智津子氏(国士舘大学 非常勤講師)
  • 対象:一般
  • 内容:シルクロード地域のガラス製品の比較検討をとおして、東西交流の諸相についてお話します。
  • 会場:講堂
  • 定員:80名(事前申込・抽選)
  • 費用:無料

※こども体験教室はこちら

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀671番地
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る