このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

子ども医療費助成制度

更新日:2020年7月28日

令和2年度「子ども医療費助成受給券」の自動更新について

 令和2年8月1日から有効な受給券は、令和2年7月末頃に順次郵送します。既に受給券をお持ちの方は、自動更新となりますので、お手続きは必要ございません。
 令和2年8月1日以降、新しい受給券が届いていない場合は、児童給付担当室子ども医療費担当までお問合せください。

中学校3年生まで、子ども医療費助成受給券を使用できます(通院・入院・調剤)

※受給券の発券には、「子ども医療費助成申請書」の提出が必要です。提出がないと、償還払いを含め、子ども医療費助成制度を利用することができません。

 中学校3年生までの子どもがいる世帯で、申請書を提出していない方は、提出してください。

助成内容について

1.助成対象

松戸市に住民登録がある子どもの、保険診療分の医療費を助成(生活保護世帯で、医療費が助成される子どもは対象となりません)。

対象年齢

助成区分

保護者の自己負担額
0歳から中学3年生 通院・入院・調剤

通院=1回200円
入院=1日200円
調剤=なし(無料)

※市民税所得割非課税世帯の場合は「保護者の自己負担額」は無料。
※所得制限はありません。

※次の場合は、助成の対象となりません。

  1. 健康保険が適用されない場合(例.健康診断、予防接種、薬の容器代、差額ベット代など)
  2. 学校、幼稚園、保育所(園)の管理下における災害で、日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度等を受けられる場合
  3. 就学援助認定者(準要保護者)で、学校保健安全法による医療費の補助を受けられる場合
  4. 自動車交通事故等、第三者の加害行為による災害で、損害賠償等を受けられる場合
  5. 確定申告済みの医療費
  6. 他制度より給付が受けられる場合(高額療養費など)

2.受給券の交付申請に必要なもの

子ども医療費助成申請書(受給券交付申請用)(PDF:224KB)

窓口配布、または当ホームページよりダウンロードできます。
子どもの健康保険証のコピー

保険者名・保険者番号・氏名が記載されている部分
新生児は保護者の健康保険証のコピー(加入予定のもの)(注釈1)

「マイナンバー(個人番号)」確認書類(下記のいずれか1つを提示)

  • マイナンバーカード
  • 有効な通知カード ※氏名・住所・生年月日・性別すべてが住民票に記載の事項と一致しているもの。
  • マイナンバー(個人番号)が記載された住民票の写し又は住民票記載事項証明書の原本

申請者、配偶者または同居の祖父母等(保護者となる方のもの)
「マイナンバー(個人番号)」は、「子ども医療費助成申請書」に記入が必要です。

※当該時期の1月1日に海外に居住されていた方は、戸籍の附票もしくはパスポートの写しを提出してください。
(注釈1)新生児が防衛省共済組合に加入予定の場合は、「自衛官診療証」のコピーでは申請できませんので、下記書類のどちらかをご提出ください。

  • 被扶養者の健康保険証(共済組合員証)のコピー
  • 新たに発行されたお子様の健康保険証(共済組合員証)のコピー

3.届出が必要な場合

 次の場合は、届出が必要です。郵送・子育て支援課児童給付担当室(新館9階)・市民課・各支所で受付しています。

届出内容

必要書類

受給券の発行
子どもの加入している健康保険証に変更があったとき
  1. 変更届(PDF:335KB)
  2. 変更後の子どもの健康保険証のコピー
なし
子どもの氏名・住所に変更があったとき
  1. 変更届(PDF:335KB)
あり
保護者の離婚・婚姻などにより、保護者の氏名・住所に変更があったとき
  1. 変更届(PDF:335KB) ※新たに保護者となる方は、承諾書に署名をお願いします。
あり
課税状況に変更があったとき

子どもが市外へ転出したとき

  1. 返納届(PDF:112KB)
  2. 受給券(原本)
なし

受給券を紛失、破損し、再発行をしたいとき
※「ちば電子申請サービス」を利用して、手続きが可能です。

  1. 再交付申請書(PDF:109KB)
あり

4.受給券が使用できなかった場合の申請(償還払い)

 受給券は、千葉県内の医療機関(医科・歯科・保険調剤・接骨院等を含む)のみ使用可能です。
 次の場合は、申請により償還払いされます。支払後2年以内に、次の書類を揃えて、子育て支援課児童給付担当室、各支所又は郵送で申請してください。なお、郵便不着に関する責任は一切負いかねますので、ご了承ください。

  1. 千葉県外など本制度を取り扱わない医療機関で受診した場合
  2. 受給券を医療機関に提示できなかった場合
  3. 補装具代金(健康保険の給付対象となるもの)
  4. 他公費との差額分(養育医療、育成医療等の自己負担分)

子ども医療費助成金交付申請書(償還払い)(PDF:104KB)

窓口配布、または当ホームページよりダウンロードできます。
領収書(原本) 子どもの氏名・保険点数・診療年月日・医療機関名が記載されている部分
子どもの健康保険証のコピー 保険者名・保険者番号・氏名が記載されている部分

保護者名義の通帳またはキャッシュカードのコピー

銀行名・支店名・口座番号・名義が記載されている部分
加入保険から給付金がある場合その旨を証明するもののコピー 高額療養費・付加給付金等が発生した場合に必要となります。
給付がない場合は、提出の必要はありません。
補装具を購入された場合上記の1から5と、次の1.から3.を揃えて申請してください。
  1. 補装具の領収書
  2. 診断書または意見書
  3. 補装具の支給決定通知書(ご加入の健康保険組合等から発行されたもの)
治療用の眼鏡など治療用補装具(医師が治療上必要と認めたもの)の全額(10割)を支払った場合は、まず加入している健康保険で手続きを済ませ、療養費の支給を受けてください。
療養費の支給決定後に、健康保険で認められた部分の差額分を子ども医療費より助成します。
左の1.、2.については、療養費の請求で原本を提出された場合のみ、コピーでの提出が可能です。

償還払い申請前に健康保険組合等への手続きが必要な方

申請前手続きが必要な方手続き内容手続き先償還払い申請時の必要書類
健康保険証の非提示等により、保険適用の医療費分を全額負担した方保険適用の手続き(7割又は8割の給付)加入している健康保険組合等療養費支給・不支給決定通知書等
治療用補装具(医師が治療上必要と認めたもの)の購入において、全額負担した方療養費(治療用装具)の申請加入している健康保険組合等療養費(治療用装具)支給・不支給決定通知書等
全国健康保険協会千葉支部の健康保険に加入されている方で、自己負担額(1か月)が21,000円以上を超えている場合高額療養費の申請全国健康保険協会千葉支部高額療養費支給・不支給決定通知書等

【注意事項】
 上記の手続きにおいて、健康保険組合等へ領収書の原本を提出される場合は、事前に領収書をコピーしていただき、償還払い申請時に提出してください。

確定申告をご利用の方へ

 子ども医療費助成済みの領収書を確定申告に使用する場合は、課税世帯(保護者の自己負担額200円の方)は通院1回200円・入院1日200円分のみ使用することができます。

 非課税世帯(保護者の自己負担額0円の方)の通院・入院は、すでに全額助成済みのため、確定申告に使用することはできません。

 調剤は、課税世帯・非課税世帯ともに子ども医療費で全額助成済みのため、確定申告に使用することはできません。

申請書等がローソン・ファミリーマートのコピー機でプリントアウトできます!(印刷代有料)

子ども医療費助成制度にかかる申請書等が、ローソン・ファミリーマートのコピー機でプリントアウトできるようになりました。

費用

印刷代有料

プリントアウト方法

下記のチラシをご覧ください。

関連リンク

プリンターを持っていない方へ コンビニプリントサービスのご案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

子ども部 子育て支援課 児童給付担当室

千葉県松戸市根本387番地の5 新館9階
電話番号:047-366-3127 FAX:047-710-3766

本文ここまで

サブナビゲーションここから

子ども医療費について

このページを見ている人はこんなページも見ています

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て

松戸市役所

千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表) 
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る