このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て
相談窓口
サイトメニューここまで

本文ここから

施設等利用給付(幼稚園向け)について

更新日:2019年10月1日

 10月からの「幼児教育の無償化」により開始する「施設等利用給付」についてご案内いたします。この制度は、幼稚園の利用により負担した、入園料(負担した年度に限る)、保育料、預かり保育料(条件を満たしている方、対象となる施設に在園している方のみ)に対して、給付費の上限額までの範囲で給付される制度となっております。
 松戸市では、令和元年度について、年度の途中から制度が開始されるため、年度途中での料金支払い方法の変更などで混乱が生じることを防ぐため、かかった料金について後からまとめて市役所より給付される「償還払い」(詳細は下記「教育時間リーフレット)」参照)となります。
 令和2年度以降については市役所から保護者に代わり幼稚園に給付額を支払うことで、保護者が幼稚園にかかる料金が無償または減額される「代理受領」(詳細は下記「令和2年度からの施設等利用給付等の給付方法について」参照)となります。
 ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。

※このページの内容に「施設型給付を受ける幼稚園」については含まれていません。

概要

施設等利用給付を受けるためには初めに「認定」を受け、認定を受けた期間に負担した費用を「請求」し、給付を受けるというしくみになります。

流れ

1.認定を受ける

認定を受けるための申請書を幼稚園経由で市に提出してください。

2.幼稚園に通園する

幼稚園に通園し、毎月の保育料を支払います。

3.かかった費用を「請求」する

認定期間中にかかった費用について、年度末ごろに幼稚園経由で請求書を市へ提出してください。

4.市から給付を受ける

保護者より提出された請求書を基に対象となる費用について給付します(上限額あり)。
(給付は令和2年度5月末頃を予定しております。)

対象者及び認定区分

認定区分と条件について

 施設等利用給付認定には、3種類の区分があり、それぞれ給付の対象となる費用や給付費の上限額、認定を受けるための条件が以下のとおり異なります。

認定区分
認定区分 給付の対象となる費用 給付上限額

認定を受けるための条件

1号
  • 入園料(負担した年度に限る)
  • 教育時間(通常時間)の保育料
  • 月額25,700円
    ※国立大学付属幼稚園は月額8,700円、国立の特別支援学校の幼稚部は400円

下記の全てを満たす方

  • 松戸市に居住している
  • 幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)に在園している園児の保護者
  • 満3歳クラスから年長クラスで通常のカリキュラム及び保育料で在園している園児の保護者
2号
  • 上記1号と同様の費用
  • 預かり保育料
    (一部幼稚園については認可外保育施設等の併用利用にかかる費用)
  • 上記1号と同様
  • 預かり保育料に対し、1日450円(月額上限11,300円)
  • 上記1号と同様の条件
  • 「保育を必要とする要件」(詳細後述)に該当する
3号
  • 上記1号と同様の費用
  • 預かり保育料
    (一部幼稚園については認可外保育施設等の併用利用にかかる費用)
  • 上記1号と同様
  • 預かり保育料に対し、1日450円(月額上限16,300円)
  • 上記1号・2号と同様の条件
  • 満3歳児クラスである園児の保護者
  • 非課税世帯である

松戸市外に居住されている方は、お住まいの市区町村にて認定を受けてください。
※満3歳児クラスは、満3歳を迎えた日から最初の3月31日までの間に通常のカリキュラム及び保育料で幼稚園に在園している園児のことを指しています。

保育を必要とする要件

保育を必要とする要件
就労

居宅外での就労や居宅内で家事以外の労働をすることを常態としていること
(1カ月あたり実働64時間以上)

妊娠・出産

妊娠中であるか、出産後間がないこと
(出産の前後2カ月以内)

保護者の疾病・障がい 保護者が疾病や怪我又は精神もしくは身体に障がいを有していること
同居親族等の介護・看護

長期にわたり疾病の状態にある、又は精神もしくは身体に障がいを有する同居の親族を常時介護・看護していること

災害復旧 震災、風水害、火災その他の災害に遭い、復旧にあたっていること
求職活動 3カ月以内に限る
就学 専修学校、職業訓練学校等に昼間通学していること

※その他上記に類する状態の方はご連絡ください

対象となる施設について

幼稚園によって給付の請求可能な費用が異なります。
幼稚園により以下の3種類のいずれかの分類となります。

  1. 「教育時間+認可外保育施設等」にかかった費用
  2. 「教育時間+幼稚園の預かり保育+認可外保育施設等」にかかった費用
  3. 「教育時間+幼稚園の預かり保育」にかかった費用

松戸市内の施設等利用給付対象施設の詳細については、下記のページをご覧ください。

松戸市内の幼稚園一覧

給付額について

給付額の算定方法について、月毎に以下のとおりとなります。(請求・給付は10月分から3月分までまとめて行います)

教育時間(上限25,700円)

下記を合わせた額と上限金額25,700円を比較し、低い方の額が給付額となります。
上限額を超えた費用については自己負担となります。

  • 入園料を年間の在籍月数で月額換算した費用(入園料負担した年度に限る)
  • 保育料

預かり保育料

2号認定を受けている場合(利用日数×450円 上限月額11,300円)

負担した預かり保育料と利用した日数×450円を比較し、低い方が給付額となります(11,300円を超える場合は11,300円)。

3号認定を受けている場合(利用日数×450円 上限額16,300円)

負担した預かり保育料と利用した日数×450円を比較し、低い方が給付額となります(16,300円を超える場合は16,300円)。

認可外保育施設等の併用した費用

一部の幼稚園では、預かり保育を、対象となる認可外保育施設等(一時預かり、病児保育、子育て援助活動支援事業などを含む)と併用して補った費用についても負担した預かり保育料として算定に含むことができます。

注意

  • 月途中での入退園や市外への転出等は、日数に応じて日割り計算されます。
  • 日用品・教材費・制服代・行事費・給食代・バス代・施設整備費などは対象外の費用となりますので自己負担になります。

認定の申請方法について

幼稚園の利用開始前に認定の申請書を在園している幼稚園に提出してください。
提出期限については幼稚園の指示に従ってください。

10月以前(無償化前)より通園されている方へ

松戸市に平成31年度「就園奨励費等助成金」の申請書をすでに提出している場合、「施設等利用給付」の1号認定の申請書と兼ねることができるため、「教育時間」のみ利用の場合は申請書の提出を省くことができます(改めての申請は不要です)。
ただし、2・3号の認定(保育を必要とする要件を満たす方)については、改めて申請が必要となります。

提出書類

  1. 子育てのための施設等利用給付認定申請書
  2. 振込先口座の通帳等コピー(A4)
  3. (申請者と振込希望口座の名義が異なる場合)委任状
  4. (保育を必要とする要件がある場合)要件による証明書類(下記一覧参照)
  5. (3号認定を申請する方)後述の「3号認定について」にて必要な添付書類

振込先口座のコピーについて

振込先口座のコピーについては以下が記載されている箇所を提出ください。

  1. 金融機関名
  2. 支店名
  3. 口座番号
  4. 口座名義人のフリガナ

記入上の注意

  • 消せるボールペン・修正テープ等は使用不可
  • 訂正は、二重線で消した後、訂正印(申請者印と同じもの)が必要
  • 申請者(氏名・住所)部分は訂正不可(書き直し)
  • 振込を希望する口座の名義人は申請者と原則同一のものに限る。異なる名義の口座を希望する場合は「委任状」の添付が必須。

保育を必要とする要件ごとの添付書類

就労

就労証明書(1カ月あたり実働64時間以上)
※自営業の方は自営業を営んでいる証明書類を添付
勤務先により時間がかかる場合がありますのでお早めに勤務先へご依頼ください。

妊娠・出産

出産予定届(出産の前後2カ月以内)
母子手帳の写し(氏名と出産予定が記載されているページ)

保護者の疾病・障がい 診断書または障害者手帳などの写し
同居親族等の介護・看護

介護・看護状況申告書
※添付書類(診断書または障害者手帳などの写し)

災害復旧 罹災証明
求職活動 求職活動申告書(3カ月以内に限る)
就学

合格通知(就学前の場合)・在学証明書・学生書(顔写真付)のいずれかと、時間割スケジュール等のわかるもの

  • その他上記に類する状態の方は、その状況を証する書類が必要になります

3号認定について

3号認定については、非課税相当の世帯かつ、満3歳児クラスであることが認定を受ける条件になっていますが、詳細は下記のとおりとなり、申請時に該当するものに応じた添付書類が必要となります。また、非課税相当か否かの判定は9月で確認する年度がかわります。

状況 必要添付書類 確認する添付書類の証明内容時期

(4月から8月)

確認する添付書類の証明内容時期

(9月から3月)

住民税非課税の世帯(平成31年1月1日に松戸市に住民登録あり) なし なし 平成31年度の住民税課税状況
住民税非課税の世帯(平成31年1月1日に他市町村に住民登録あり) 課税証明書(通知書)

なし

平成31年度の住民税課税状況
平成30年中に国外に居住していて、その収入状況が住民税非課税世帯相当であった世帯 勤務先発行の、収入・所得・社会保険料等の控除額を証明する書類

なし

平成30年1月から12月について

未婚の母子(父子)家庭で寡婦による税の控除を受けたと仮定した場合に住民税非課税になる世帯
(もともと住民税非課税世帯の場合は不要)

松戸市みなし寡婦(夫)控除の申請書、戸籍謄本
(松戸市で住民税がかかっていない場合は課税証明書等)

なし

平成31年度の住民税課税状況
児童福祉法上の里親 委託書などの証明書類の写し

なし

現在の状況について
生活保護を受給している世帯 生活保護の受給証明書

なし

現在の状況について

申請様式

認定の通知について

施設等利用給付認定の申請をいただくと、市より概ね1カ月以内で認定の通知を発送いたします。
ただし、制度の施行時(今年の10月時)の認定や、4月利用開始の認定につきましては、認定事務が集中し審査等に日時を要するため、利用開始の前日までの通知発送となります。ご了承ください。

認定期間中に申請した状況に変更があった場合

申請後に申請した事項に変更があった場合等は変更申請書兼変更届を提出してください。
(例)

  • 認定区分を変更したい
  • 住所、連絡先が変わる
  • 結婚、離婚等、家族構成が変わる(出産によるもの以外) 
  • 転職、退職、就職するなどの申請していた保育の要件が変わる
  • 産前産後、育時休業を取得する
  • 退園する
  • 振込先の口座を変更したい(振込時期より3か月以前)

認定の変更や取り消しについて

    申請いただいている状況に、変更や相違があった際には、市より認定の変更や取り消しを行った旨の通知が届く場合があります。

保育を必要とする要件の確認について

保育を必要とする要件については、認定後も毎年4月頃に現況を再度確認するため、証明する書類(例:就労証明書など)を提出いただくこととなります。
詳細につきましては、提出をお願いする時期に再度通知させていただきます。

請求について

年度末頃になりましたら、幼稚園を経由して請求に関する書類を配布し、請求に関する書類と添付書類を幼稚園経由で市に提出していただく予定です。詳細につきましては、後日追記させていただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども部 幼児教育課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館7階
電話番号:047-701-5126 FAX:047-366-1205

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て

松戸市役所

千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表) FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る