このページの先頭です
このページの本文へ移動

食中毒

食中毒とは

食中毒とは、食中毒を起こすもととなる細菌やウイルス、有毒な物質がついた食べ物を食べることによって、下痢や腹痛、発熱、吐き気などの症状が出る病気のことです。
食中毒の原因は、細菌(腸管出血性大腸菌等)、ウイルス(ノロウイルス等)、自然毒(フグ、貝、毒キノコ等)、化学物質(ヒスタミン)、寄生虫(アニサキス等)など様々です。

食中毒に関する情報

食中毒注意報(警報)の発令状況と食中毒の予防策、腸管出血性大腸菌などの情報については、以下をご覧ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで