このページの先頭です
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市立総合医療センター Matsudo City General Hospital

〒270-2296 千葉県松戸市千駄堀993番地の1

電話:047-712-2511

FAX:047-712-2512


指導医・後期研修医のコメント

更新日:2020年1月15日

指導医 金子高明(医療教育研究部長)

 当院は江戸川を挟んで東京都と接する松戸市のほぼ中央にあり、千葉県北西部の基幹病院として機能しています。1981年に厚生省(当時)から臨床研修病院の指定を受け、現在29の診療科を標榜し、そのすべてに専門医が常在し各学会認定研修病院に指定されているため、幅広い分野において専門性の高い医療を経験できます。とくに救急医療の研修では、第3次救命救急センターに当地域の最重症患者が数多く搬送されるため、救命救急センターにローテート中はもちろん、そのほかの期間においても救急外来での勤務を通して高度の研修が可能です。また、医師不足が問題となっている小児医療の面では、国内でもトップクラスの医療レベルを誇る小児医療センターにおいてCommon Diseaseから専門医療までの研修が可能で、数多くの小児科医を輩出しています。さらに総合診療科においては、初期研修の早期から指導医の管理のもとで初期外来患者の診療を担当し、診断にいたるプロセスを学ぶことが可能です。当院は昔よく言われた「野戦病院」的色彩のある病院で、かつ高度の専門医療を経験できる施設であり、研修病院としてはたいへんバランスのとれた環境にあると自負しています。見学は大歓迎ですので是非一度自分の目、耳で確認してみてください。

小児科後期研修医 B.Y. (2015年 滋賀医科大学卒)

 当院小児科後期研修では、小児医療の様々なカタチにどっぷり浸かり、汗を流すことができます。common diseaseから専門的な疾患まで、健診や外来から病棟、PICUまであり、救急も三次救急まで受け入れています。専門医も多数おりますが、小児内科は一つの科のみで、専門科には別れていません。そのため、コンサルトの垣根がありません。豊富な症例を基に、国際学会を含め学会発表も盛んに行なっており、科内から全力のサポートがあります。笑顔あり、優しさあり、その優しさを患者さんやご家族に還元できる環境です。あなたの未来の患者さんが待っています。患者さんの未来のために一緒に仕事をしませんか?

内科後期研修医 R.O.(2016年 千葉大学卒)

 私は3年目に千葉大学循環器内科に入局し、内科後期研修器として当院へ赴任しました。主として循環器内科に所属してローテーションを行いますが、当院は3次救急病院であり、最重症の循環器疾患患者さんも数多く訪れる中で、主治医委として治療に当たらせて頂いております。カテーテル治療はもちろんですが、PCPSやIABPの管理、不整脈治療も行います。内科専門医制度が変更され、内科各科の知識と経験も必要となりますが、当院は東葛北部保健医療圏の基幹病院として各診療科が揃っており、救急部、一般内科、消化器内科、呼吸器内科、血液内科や膠原病内科を初めとして他科との連携により、循環器周辺疾患を学ぶと共に、一般内科の経験も幅広く得ることができます。
 


お問い合わせ

松戸市立総合医療センター

千葉県松戸市千駄堀993番地の1
電話番号:047-712-2511 FAX:047-712-2512

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

よくある質問FAQ

サブナビゲーションここまで